英会話教室のホームページを制作する際に注意すべきこと

ホームページ制作・作成

洋書とサンキライ

地域に根差した資格・学習スクールとして、英会話教室の新規事業を検討しているお客様より、ホームページ制作のご相談、及び、具体的な内容に関し、提案する機会がありましたので、
上位表示対策など、英会話教室ホームページを作成する際の注意点を紹介します。

訴求すべき対象に適したコンテンツが大切

サイト全体のレイアウトを含む、デザインの方向性や具体的なご要望は改めてお伺いしますが、まず、現時点で想定しているターゲットユーザー層に関し、高校生から社会人とありましたが、基本的に、このような訴求対象は、より限定させた方が成果は出やすいと思います。

ウェブデザイン一つとっても、高校生や大学生など、学生をメインターゲットに据える場合と、すでに現役として働いている社会人では、英語を本当に学びたい目的もそれぞれ異なりますし、キャッチコピーを含むヘッダーなど、ホームページ全体の雰囲気も変わってきます。

そのため、幅広いターゲットを対象とする場合、年代別や職業別に専用コンテンツを設けたり、より多くの見込み客の目に留まるよう、ヘッダーメニューに上記、対象ページを設置するなど、一般的なコース別料金ページとは、異なる対策を検討した方が良いかもしれません。

検索キーワードを意識したレイアウト設計

英会話イーオンや駅前留学NOVA・ECC外語学院など、大手英会話の教室スクールとは異なり、ローカル地域を主な拠点に展開する場合、SEO対策(上位表示対策)が集客の基本になります。検索キーワードとしては「英会話教室+地域名」「英会話スクール+地域名」など。

別途、リスティング広告に費用をかけない場合、いかにより多くの見込み客を集められるのか、無料体験レッスンという目標を達成するためにも、上位に表示させることが欠かせませんので、英会話教室ホームページを作成する際は、事前のキーワード選定が大切になります。

分かりやすく言うと、トップページを主な対象に、コンテンツの中身をしっかり作り込むこと。ページ数しかり、テキスト量しかり、大手の英会話教室と比べて、どのような特徴があるのか、実際に通った生徒の声を紹介するなど、見込み客に期待感を伝えることが大切です。

英会話教室ホームページに求められるもの

その他、見込み客がインターネット上で、英会話教室を探す際に使用するキーワードとしては、「都内/駅前/料金/安い/無料体験/マンツーマンレッスン」など割と幅広くありますので、より多くのアクセス数が集まるよう、しっかりとしたホームページを作りましょう。

また、ご自身でコンテンツを更新できるよう、制作時はワードプレスの導入もオススメします。日頃の活動状況や教室スクールの授業風景など、ブログ記事として公開することができますし、定期的にページを増やすことは、ウェブサイト全体の強化にもつながると思います。

大手英会話教室のホームページを改めてチェックしましたが、企業や会社の認知度はともかく、サイト全体の充実度という点でしたら、新規参入組にもチャンスはある印象を受けましたので、具体的な成果が上がるよう、集客力と訴求力を持つホームページをご検討ください。

4周年記念キャンペーン実施中!見積り金額の4割引きで承ります
当ウェブデザイン事務所では、新規リニューアル問わず、お客様一人一人に最適なサイト制作を心がけています。

クリック