幼児向け学習支援の教室ホームページを制作する際の注意点

ホームページ制作・作成

美しい海で追いかけっこする親子

発達障害や学習障害など、主に幼児向け教育支援・学習支援の起業を検討しているお客様より、ホームページ制作のご相談、及び、具体的な内容に関し、提案する機会がありましたので、
SEO対策を含む幼児教室ホームページを作成する際の注意点など、ご紹介します。

幼児教室ホームページに欠かせない集客力

詳しいウェブデザインの方向性、及び、サイト全体の構成等に関しては改めてお伺いしますが、制作後に期待する効果として「商品・サービスの認知度を上げたい」という点がありましたが、具体的な成果を上げるためには、まず、集客力のあるホームページが欠かせません。

別途、リスティング広告など費用をかけられない場合、SEO対策(上位表示対策)となります。参考サイトを例にするなら「発達障害+教室+地域名」「幼児教室+地域名」がキーワードで、このような対象キーワードで、検索サイトに上位表示させることが大切になります。

例えば、ホームページ全体のページやコンテンツも多く、内容も充実している参考サイトなら、投稿日現在「発達障害+教室」「発達障害+塾」で第一位という検索順位を獲得していますし、その結果、商品・サービスに関心のある見込み客が多く獲得できていると思います。

LITALICOジュニア|発達障害・学習障害の子供の教育支援

検索サイトに上位表示する際に必要なこと

その他、狙うべきキーワードとして「学習障害・教育支援・児童支援」等もあるとは思いますがいずれにせよ、このようなキーワードを意識したサイト構成・コンテンツ作りが求められますし特に重要なトップページに関して、ある程度、テキストの文章量は必要になります。

また、トップページや主要ページ以外で、見込み客のアクセス数を増やすことも欠かせません。コラム記事的なコンテンツなど、サイト運営者自身で更新できるよう、ワードプレスを導入し、さまざまなキーワードで上位表示を狙うロングテール対策の運営もオススメします。

例えば、上記、参考サイトはすでに四百ページ以上ありますし、遠い道のりかもしれませんが、地道にコンテンツを更新し続けることで、いつしかホームページ全体のサイト強化につながり、リスティング広告など、余計な販促費用をかけることなく、集客できると思います。

商品・サービスの魅力を伝えることが大切

特に「発達障害+教室+東京」「幼児教室+埼玉」など、地域名キーワードまで考慮する場合、SEO対策の難易度はさほど難しくありませんので、まずは狙うべきキーワードを見極めた上で、トップページを含むウェブサイト全体、ホームページをしっかり作り込みましょう。

以前とは異なり、今はこれをすれば検索順位が上がるというテクニック的なものはありません。上位表示対策として、中古ドメインを購入したり、被リンクを購入する手法は通用しないもの。御社の商品を利用すると、どのようなメリットがあるのか、中身が大切になります。

ある意味、アクセス数という集客力は、ページコンテンツの品質という接客力と関連しており、上記、参考サイトのように資料請求や体験授業の申込みなど、具体的な成果を上げるためには、見込み客の立場に沿った上で、サービスの魅力を適切に伝えることが欠かせません。

4周年記念キャンペーン実施中!見積り金額の4割引きで承ります
当ウェブデザイン事務所では、新規リニューアル問わず、お客様一人一人に最適なサイト制作を心がけています。

クリック