ネットショップ作成方法とは?タイプ別に異なる特徴を比較

ネット通販・モール出店

果物を運ぶ配達人

独自ドメイン型やモール出店型など、ネットショップを作成する方法はいろいろとありますが、
タイプ別にどのような違いやメリットがあるのか、ショップ開設時にかかる費用なども含め
実際に作成した制作業者の視点で、ネットショップの作り方など比較したいと思います。

ASP型ネットショップ

独自ドメイン型ネットショップとは、専門サービスを利用して作成するオリジナル店舗のこと。代表的なサービス(ASP)と言えば、カラーミーショップやショップサーブ、MakeShopなど。カート機能や販促ツールなど、ショップ運営に欠かせない機能がひと通り揃っています。

モール型との一番の違いは、固定費以外、売上げに応じた手数料(ロイヤリティ)がかからず、月額数千円という比較的、お手頃な費用で開設でき、利用できるテンプレート数も豊富なため、特別な知識や技術がない方でも、簡単にネットショップを作成できるのがメリットです。

トップページや商品ページなど、見た目のデザインに関しても自由にカスタマイズ可能ですし、モール型とは異なるオリジナル店舗ゆえ、ショップ独自の魅力や特徴もアピールできますので、より意識の高い見込み客が集まり、購入後のファン作りにも活かせるのが特徴でしょう。

ASP型ネットショップ …… カラーミー・ショップサーブ・MakeShopなど

モール出店型ネットショップ

モール出店型ネットショップとは、大手ショッピングモールに出店して、開業する店舗のこと。代表的なモール(テナント)と言えば、楽天市場やヤフーショッピング、Amazon辺りですが、利用できる機能自体、独自ドメイン型タイプの作成サービスと、ほぼ違いはありません。

メリットとしては、モール自体に知名度があるため、ある程度、集客力が望めることでしょう。楽天ポイントやヤフーポイント目当てに、固定客やリピーターほど、利用する購入単価が高く、定期的に割引セールを開催するなど、各種、販促キャンペーンが充実しているのも特徴。

専門サービスとの違いは、手数料や月額料金の負担が大きく、少なからず広告費が必要なこと。出店料無料のヤフーですら、最近は店舗数が多いため、商品の価格のみで比較検討されやすく、新規参入組のネットショップほど、安定的な売上げを確保するのに苦労すると思います。

モール出店型ネットショップ …… 楽天市場・ヤフーショッピング・Amazonなど

オープンソース型ネットショップ

オープンソース型とは、無償利用できるシステムをカスタマイズし、作成するショップのこと。ネットショップ向けとして「EC-CUBE・osCommerce・ZenCart」辺りが有名と思いますが、拡張性や自由度が高い反面、専門的な知識が必要のため、制作費用がかなりかかります。

ある意味、ショップ運営に欠かせない機能をひと通り、サイト内で構築する方法となりますが、同じ無償オープンソースでも、WordPressやMovable Typeなど、ショップサイトのみ制作し、カート機能だけ有料レンタルしたり、各専用プラグインを追加構築する方法もあります。

いずれにせよ、初めて開業する運営者には敷居が高く、予算が必要となるのがデメリットゆえ、独自ドメイン型の多くが、ネットショップ専門サービスを利用して開設していると思いますし、BASEやSTORESなど、誰でも簡単に開設できる無料専門サービスも注目されています。

オープンソース型ネットショップ …… EC-CUBE・osCommerce・ZenCartなど

作成方法を検討する際のポイント

三者三様、どのタイプのネットショップ作成方法も、多少のメリット・デメリットありますが、あえて違いや特徴を挙げれば、比較的、販促活動を含めた集客に期待できるのがモール出店型、初期費用や運用経費、カスタマイズの自由度なら、独自ドメイン型と言えるでしょう。

各専門サービスのテンプレートを利用すれば、短時間でショップを開設することができますが、モール出店型とは異なり、開業当時は特に集客力に期待できないため、売上げを確保するには、SEO対策やリスティング広告などで、訪問客のアクセスを増やすことが欠かせません。

ショップ運営に関し、集客力強化と同時に大切なのが、商品の魅力を伝える接客力になります。なぜ、あなたのお店で買わなければならないのか、他のお店の商品と一体どのように違うのか、リアル店舗と変わらない丁寧な対応が、ファン作りやリピーター対策につながります。

ネットショップ運営に必要なこと

楽天市場やヤフーショッピングなど、モール型ネットショップの方が集客力があると言っても、商品ページ自体、文章と画像のみの内容では、いくら見込み客を集めても商品は売れませんし、テンプレートに情報を流し込むだけでは、競合店舗と差別化を図ることはできません。

独自ドメイン型にせよ、モール出店型にせよ、どのタイプの方法も必要なものは変わりません。集客力と接客力、ネット販売を目的としたショップ運営には、二つの要素が不可欠となるため、初めて開業する方ほど、費用対効果を比較した上で、検討することをオススメします。

ホームページ制作を検討中の方へ、個人や企業にサイトが必要な理由
今やホームページを作るのが当たり前となった時代、個人や企業が持つメリットとデメリットを紹介します。

クリック