こんなブログは読まれない!過去記事を読み直す重要性

ブログ運営・サイト活用

植物と仲間

「最近、アフィリエイト目的や稼ぎ系が目立つようになり、アメブロ運営がつまらなくなった」そんな声をよく耳にします。個人的には、昔と比べてそう大した違いは実感しておりませんが、アメブロなど、確かにこのような方々から、読者登録の申請は増えてるかもしれません。

つまらないという言葉自体、その意味や解釈は人それぞれなので、ここでは当管理人が常日頃、感じている「つまらないブログ」「もう二度と訪問しないであろうブログ」はもちろんのこと、引いては「集客効果が限りなくうすいブログ」などについて、改めてご紹介してみます。

知り合いばかり紹介しているブログ

ブログ自体、一種のコミュニティサイトですから、仲間内で盛り上がることは理解できますが、関係のない人間にとって、興味はありません。せめて、リンク先に飛びたくなる内容が伴えば、また話は別ですが、多くの紹介記事は、関心を引くこともなく「?」で終わっています。

そもそも、自身の運営しているブログで、知り合いを第三者に紹介する目的はどういう意図か、フェイスブックのいいねボタンが良い例のように「自分が実際に読んで面白いと思ったから…」「役立つ内容のため、周りの人にも読んでほしい…」こういう目的のような気がします。

もちろん、これは当管理人の考えにしかすぎませんが、少なくとも「知り合いだから紹介する」というのは、「一般の多くのブログ読者を軽視している」以外の何物でもないように思います。※紹介すること自体が、悪いわけではありません。記事の内容に説得力が必要なのです。

「自分」ばかり主張しているブログ

コレも、ほんとに多いです。正直、読んでて疲れます。しかも、書き手である運営者ご本人に、その自覚がないため、より一層たちが悪い。趣味目的で行う分には、特に差支えありませんが、集客目的でビジネスブログを運営していくなら、十分に注意する必要があると思います。

主張することと、訴求することは異なります。訪問者にアピールすることは確かに大切ですが、記事の説得力を通してメリットが感じられなければ、それはただの自己主張にしかすぎません。「分かってはいるけど、具体的にどうしたらいいの?」そう思われた方は多いでしょう。

ひとつの記事を書き上げるのに、どれぐらいの時間や手間をかけているか、これは人それぞれ。
ただ、文章というものは基本的に、推敲を重ねれば重ねていくほど自然と良くなっていくもの。自分には文章力がないから…と言い訳する前に、まずは相手のことを考えてみましょう。

・記事公開後、実際に読む読者のことを考えて、読み直し作業は行っていますか?
・記事公開後、その内容が本当に自分が言いたかったことか、確認していますか?

日々のブログ運営で意識したいこと

日頃、ブログ運営を行っている際、自分が書いた昔のブログ記事の見直しって行っていますか?当管理人の場合、多少の気恥ずかしさもあり、基本的に読み直すことはあまりしないのですが、それでも、過去の記事を整理したり修正する時など、たまに目に触れる機会はあります。

そんな時は「いいこと書いてるじゃん」と自画自賛に耽ったり「また偉そうなこと書いて」と、一人空しく、突っ込みを入れたりしていますが、特にここ最近は、ご依頼主であるお客様との、やり取りで気づいたことを中心に書いているので、ノウハウ系ネタが多くなっています。

特定の読者のために書く…と言えば、確かに聞こえは良いのかもしれませんが、ややもすると、上から目線になってしまいがちです。特に、当サイトのようなブログ集客運営ネタも扱う場合、あらかじめ、書き手が十分に意識しないと、その傾向は顕著になりやすいとも言えます。

自分の記事を読み直していますか?

「何を書いたらいいのか分からない」という質問に対し「自分の知っていることを書きなさい」というのはよくある回答ですが、これはある意味、上記のような場合を想定しているでしょう。自分の知らないことに関して書いても、説得力のあるコンテンツにはなりませんから…。

当ブログでも以前に、サロン系の集客ネタを書きましたが、当管理人は今までサロン経営など、一度も経験したことがありません。そんな人間がどうして読者に役立つ集客方法を書けるのか、もちろん、実際にブログ記事を書く際、自分なりの経験則を踏まえているつもりですが、

サロン集客で確かな実績を残している方に比べたら、説得力に欠ける部分もあるかと思います。ただ、このようなノウハウ系ネタを書くメリットもあります。たとえば、過去に書いた記事で、「自宅サロン集客を目指す上で必要な4つのポイント」に下記のような項目があります。

・ただの日記ブログになってませんか?
・読者とアメブロ上で会話してますか?
・アメブロだけで満足していませんか?

読み直すことは見つめ直す良い機会

必須ポイントとして、このような項目は当然、サロン経営者の方を想定して書いたものですが、後から改めて内容を読み直してみると、結構、今の自分にも当てはまる点があります。つまり、特定の方に向けて書いた内容が、書き手のブログ運営を見つめ直すきっかけになること。

また、当初は自分が教えているというつもりでも、案外そこから教わる一面もあるということ。
この事実を頭に入れておけば、自分が書いた過去記事を読み直すことも、そう悪いことでなく、むしろ、新しい気付きや見知らぬきっかけを教えてくれる、良い機会かなと思いました。

・ちょっと雑記ネタが目立ってきたな…
・最近、読者登録の数が減ってきたな…
・そう言えばコメント返しが遅れてる…

ホームページ制作を検討中の方へ、成果を上げる高品質なサイト作り
当ウェブデザイン事務所では、新規リニューアル問わず、お客様一人一人に最適なサイト制作を心がけています。

クリック