プロフィール写真を撮影する際に意識した方が良いこと

雑記・お知らせ・その他

ポメラニアンを抱きしめる女性

最近、ホームページやアメブロで使用するプロフィール写真に関して、お客様からご相談を受けましたので、当管理人の考え方について、簡単にまとめておきます。なお、今回はあくまでも、作り手側からの意見(どのような撮影方法が望ましいのか)となります。

現状、プロフィール写真の撮影方法には、主に以下のものが挙げられます。結果的にどの方法を採用するかは、運営者の都合(予算やスケジュール)によりますが、個人的には、いきなりプロに頼むのではなく、まずはご自身で撮影されることをオススメします。

・無料/あくまでも、自分で撮影する方法(自撮り)
・無料/家族や友人など、知り合いの知人に撮影してもらう
・有料/専門の業者(スタジオやカメラマン)に撮影してもらう

素材の出来栄えを考える場合、もちろん、プロの業者に頼むのがベストですが、誰でも最初から予算をかけられるわけでもありません。要は「それなりの素材」が用意できればいいのですからとりあえず「無料パターン」から試されるのも悪くないと思います。

意外とイケる?プロフィール写真

実際、今までのお客様を振り返ってみると、意外とご自身で撮影される方が多く、そのまま採用に至っているケースが目立ちます。フリーランスでブランディング(ご自身のイメージアップ)を強く意識される方は、やはり写真の質にこだわるべきですが、

アメブロやホームページ、フェイスブックなど、ビジネス目的でプロフィール写真を必要とする場合、ある程度のものが撮影できれば十分だと考えています。ただ、ひと口に撮影と言っても、写真一枚で相手に与える印象はものすごく変わってきますので、

「どんなイメージを相手に与えたいのか」「優しい印象や親しみやすい感じ」など、目的を意識した上で、さまざまなパターン(表情や構図)を数多く撮影しておくと良いと思います。特に、この手の撮影に慣れていない方にとっては、とかく難しさを感じるもの。

数打ちゃ当たる?プロフィール写真

「下手の鉄砲も、数打ちゃ当たる」ではありませんが、あまり斜に構えず、「撮影」そのものに慣れていくこと。また、他の方はどんなプロフィール写真にしているのか、撮影前にある程度のイメージを固めておくと、実際の撮影場面で迷うことも少なくなると思います。

ウェブデザイナーという職業柄、画像の持つ影響力は常日頃、実感してますが、きっかけが何にせよ、ご自身の写真の「顔出し」を決意されたことは十分なメリットとなります。少なくとも、似顔絵などイラストを採用中のサイトとは、かなりの差別化が図られるでしょう。

また、プロフィール写真は後からいくらでも差し替えることができます。初めからは完璧や理想を目指す必要はありません。「せっかくだから、ちょっと撮ってみようかな??」こんな気軽な気持ちで、写真撮影に望んでもまったく構いません。個人的には、

スタジオ等で撮影されるかしこまったものより、その人らしさが伝わる自然な感じが好きです。また、正面より、多少、角度をつけて撮影した方が、よりナチュラルな印象を与えられると思いますが、この辺はちょっと専門的な話になりますので、まずは数を打ってみましょう。
そのうち「奇跡の一枚」と呼べるものが見つかるかもしれませんよ♪

ホームページ制作を検討中の方へ、成果を上げる高品質なサイト作り
当ウェブデザイン事務所では、新規リニューアル問わず、お客様一人一人に最適なサイト制作を心がけています。

クリック