ウェブデザイナーに必要なスキルとは?web制作必須スキル

雑記・ひとり言・その他

ノートパソコンと男性

知られているようで、意外と知られていないのが、サイト制作に関わるウェブデザイナーです。特にフリーランスになると、デザイン技術だけではなく、求められるスキルも多岐に渡るため、今回はこれからのウェブデザイナーに必要なものとして、主な必須スキルを紹介します。

見た目だけじゃない?webデザイナー必須スキル

ひと口にwebデザイナーといっても、制作会社の規模によって、必要な作業内容は異なります。案件ごとにwebディレクター等がつく事務所なら、デザインのみに特化することもできますが、フリーランサーとして活動するには、それ以外の作業も一人で行わなければなりません。

ウェブサイト自体、web標準に沿ったHTMLとCSSの知識、PhotoshopやDreamweaverなど、制作ツールのスキル、JavascriptやWordPressの経験があれば、それなりのものは作れますが、集客効果や売上向上といった成果を出すためには、それ以外のスキルも必要になります。

具体的には、SEO対策(検索エンジン対策)の知識や、情報収集力を含めたマーケティング力、お客様の要望を引き出し(ヒアリング力)、納期に仕上げるマネージメント力などありますが、程度の差こそあれ、webデザイナーにもこのようなスキルは求められてくると思います。

デザインだけで満足するクライアントはいない!

基本的に、webデザイナーの持つ能力は、最終的に公開される見た目でしか判断されませんが、すべての工程を担当するweb屋ともなると、見た目とともに成果を上げることが求められます。そのために必要なスキルなのが、見込み客にアピールできるライティング力でしょう。

「デザインの作り手に、どうして文章力が必要なの?」と思われる方もいるかもしれませんが、これからはコンテンツの時代です。SEO業者が行うような小手先のテクニックは通用しません。いかに多くの見込み客をリピーターに変えられるか、その中身の質が必須になります。

一般的に、コンテンツの中身(ページ内容など)は、文章と画像の二つの要素で成り立つもの。
初めてサイトを訪れるユーザーを呼び止め、惹きつけるのは、画像(デザイン)の役割ですが、商品やサービスの魅力を伝えて、満足させるのは、文章(ライティング力)なのです。

コンテンツに必要な、ライティングスキルとは?

ライティングスキルには、伝えたい内容を正しく魅力的に伝える、文章力というもの以外にも、ヘッダーエリアなどに採用するキャッチコピーなど、コピーライティングの役割もありますが、その他、webライティングと言われるスキルも、最近は特に重要視されてきています。

webライティングの主な役割は、検索エンジンに好まれるような文書構造を作ることでしょう。SEOライティングとも呼ばれますが、検索キーワードを意識したページ作りも必要になるため、コンテンツの中身を上げるとともに、このスキルもweb屋には必須になると思います。

また、文章力を身につけることは、クライアントとコミニュケーションを図る上でも大切です。お客様のニーズやご要望を把握し、案件を成功に導くには、お互いの目的意識が欠かせません。同じ目標に向かって作業を行う上で、論理的に説明できるスキルも向上させましょう。

ホームページ制作を検討中の方へ、個人や企業にサイトが必要な理由
今やホームページを作るのが当たり前となった時代、個人や企業が持つメリットとデメリットを紹介します。

クリック