登録不要で即利用!無料データ便・ファイル転送サービス比較

雑記・ひとり言・その他

配達員

ホームページ制作に必要な写真や画像データなど、お客様とやり取りを行うことが多いのですがその際、比較的容量が大きい場合は、無料のファイル転送サービスを利用してもらっています。そこで今回は、登録不要で簡単に利用できる、無料のデータ便サービスを比較しました。

データ便・ファイル転送サービスとは?

一般的に、写真や画像等のデータを相手に送る際は、メールソフトの添付機能でも十分ですが、サイズも大きくなると、メールだと送れない場合が出てきますし、いちいち添付するのも面倒。
そんなときに便利なのが、無料で簡単に使える、データ便・ファイル転送サービスです。

同じファイル転送サービスでも、最近はある程度の容量まで無料で使える、ドロップボックスやグーグルドライブなど、オンラインストレージサービスもあって、こちらの方が便利なのですが登録作業が必要になるため、まずは、各種データ便サービスを試してもいいと思います。

基本的な使い方としては、ファイルデータをアップロードし、送信先にメッセージを送るだけ。一度、実際に操作してみればとても簡単ですし、どのファイル転送サービスも、ほぼ同じです。それぞれ、より詳しい使用方法や解説ページもありますので、参考にしてみてください。

データ便(無料無制限の大容量ファイル転送サービス)

会員登録が不要ですぐに利用できます。初めてファイル転送サービスを利用する方にオススメ。無料版と有料版がありますが、まずは無料で100MBまで使えるライトプランで十分でしょう。有効期限が3日と短いため、データをアップした後、送信先にメッセージをお忘れなく。

個人的には、このデータ便が一番使いやすかったですね。何といっても、会員登録することなく写真や画像などの素材データをフォルダ丸ごとアップロードできますし、転送サービスの中にはフォルダのアップロードに未対応なとこもあるので、その点、とても便利かと思います。

宅ふぁいる便(無料大容量ファイル転送サービス)

ファイル転送サービスとして有名な「宅ファイル便」。いたって分かりやすいネーミングです。上記、データ便の操作に慣れてしまうと、いささか分かりづらい点もあるような気がしますが、もちろん、この辺は慣れの部分もあると思いますので、ご興味ある方はお試しください。

会員登録不要の無料プランなら、容量50MBまで対応しています。データ便との違いとしては、複数画像をまとめてアップロードしたい時に、ファイルを圧縮しなければならない点でしょう。圧縮解凍ソフトに慣れている方なら、こちらの転送サービスでも良いかもしれませんね。

まずは登録不要の無料プランでお試し!

正直、この種のサービスは他にもいろいろありますが、あとは容量サイズや転送スピードなど、スペックの仕様や使い勝手の違いによりますので、今回の比較対象はこの二つにしておきます。普通にファイルのやり取りをするだけなら、このデータ便だけで十分だと思いますので。

余談ですけど、どこの転送サービスも、広告表示や画像バナーが大きくて、見づらかったです。広告収入が目的と思いますが、もう少し利用者のことを配慮した方がいいような気がしました。その方が結果的に、広告収入にもつながると思うんですけどね、全体のレイアウトとか。

ホームページ制作を検討中の方へ、個人や企業にサイトが必要な理由
今やホームページを作るのが当たり前となった時代、個人や企業が持つメリットとデメリットを紹介します。

クリック