効果的なホームページの作り方!ホームページの効果とは?

ホームページ制作・作成

絵の具とパレット

「新規客やリピートをもっと増やしたい!」「商品やサービスの認知度を向上させたい!」などホームページには目的というものがあります。では、このような目標を実際に達成するためには具体的にどのようにすれば、効果的なホームページを作ることができるのでしょうか?

効果的なホームページに必要なもの

ホームページ効果の実際の内容については、当サイトのお客様の声が参考になると思いますが、本当の意味で、成果の上がる効果的なホームページを作るためには、依頼者と業者側の両者が、見込み客であるお客様の目線に立ち、相手の立場になって考え続ける必要があります。

これはある意味、同業他社との差別化にもつながるものですが、自分が伝えたい内容ではなく、相手が知りたい情報を伝えなければ、人はアクションを起こしてくれません。ユーザーの興味や関心を引き付け、満足させることができなければ、他サイトに移動するだけですから。

たとえば、作成業者を例に挙げるなら、過去の制作実績や料金表ページは関心ある内容ですが、ただ単にサムネイル画像を掲載するよりも、具体的なポイントや依頼者の声なども紹介した方が興味を持って見てもらえますし、次のアクション行動を効果的に促すこともできます。

ホームページで効果を上げるために

勉強しない子供に勉強しろと言っても効果がないように、人は強要されることを嫌うものです。自分の行動はあくまでも、自分の意志で決めたいもの。購入ボタンをクリックさせたいのなら、どうすれば、資料請求や問合わせしてくれるか、コンテンツ内容を充実させましょう。

効果的なホームページには、ゴールに至るまでの過程が大切。一般的にホームページの情報量は少ない傾向にあります。普段、お客様と商談している営業職の方ならお分かりかと思いますが、商品やサービスの特徴を説明して納得してもらうには、それなりの時間がかかるもの。

ネットの世界もリアルとほぼ一緒です。情報量が少ないホームページでは、訪問客を満足させるものはできませんし、「この商品はココが他とは違う!」「このサービスを利用するとこういうメリットがある!」訪問客の立場になった上で、情報発信することが効果的でしょう。

ホームページを作る前に大切なこと

ホームページを効果的に作りたいという方は、まず、同業他社のサイトをチェックしましょう。どんな業種や媒体であれ、ライバル調査は必須です。実際に効果を上げているホームページには参考にすべきポイントがありますし、確認することでイメージを掴むこともできます。

その際は、ただ単に目で追うのではなく、あくまでも、見込み客の視線に立つことが大切です。「自分ならこの商品やサービスを購入したいか」「自分ならこのお店や会社に行ってみたいか」そう感じたなら、具体的にどこがどういうふうに良かったか、違いを把握しましょう。

もちろん、このようなリサーチ作業は、ホームページ制作業者でも行っているかと思いますが、作成業者の中には、依頼者に指示されたとおりに作る方もいるので、ホームページを作る前に、参考にしたい見せ方や説明方法など、理想に近いイメージを持つことも欠かせません。

ホームページ制作を検討中の方へ、個人や企業にサイトが必要な理由
今やホームページを作るのが当たり前となった時代、個人や企業が持つメリットとデメリットを紹介します。

クリック