グーグルアナリティクスでユーザー属性を確認する方法

サイト改善・集客アップ

向日葵畑

グーグルアナリティクスと言えば、アクセス数や検索キーワードを確認するのが一般的ですが、実はこれ以外にも、ユーザー属性を見ることが可能です。そこで今回は、知っているようで意外と知らない「グーグルアナリティクスの機能」を、初心者向けに紹介してみます。

訪問ユーザーはどの地域に住んでいる?

運営中のサイトを訪れる方はどんな人か、訪問ユーザーの地域を市区町村ごとに確認できます。グーグルアナリティクスの管理画面、左サイド「ユーザー」から「地域」>「地域」と選択し、ページ中央の「市区町村」をクリックすると、上位10番までの地域が分かります。

ユーザー属性:地域

左サイド「ユーザー」>「地域」>「地域」

アクセスやユーザーが多い順に、渋谷区・大阪・埼玉・横浜・港区・新宿区となっていますが、画面右下にある「表示する行数」を「10」から変更すれば、それ以降の地域も確認できます。対象エリア(埼玉)以外に、日本全国から訪問ユーザーがいるのも面白いですね。

訪問ユーザーはどんな年代・性別なの?

サイトを訪れる方はどんな年齢層なのか、訪問ユーザーの年齢を世代ごとにチェックできます。左サイドメニュー「ユーザー」から、「ユーザーの分布」>「年齢」とクリックしてください。
下にある「性別」画面では、男性や女性など、ユーザーの性別も確認できますよ。

ユーザー属性:年齢

左サイド「ユーザー」>「ユーザーの分布」>「年齢」

やはり、20代前半から40代前半の方が目立ちますね。さすがに、60代以上の訪問者は少ない。パソコン環境を踏まえれば、どこも同じような結果かもしれません。なお、上記の図のように、年齢と性別を確認するには、別途、トラッキング情報を変更する必要があります。

訪問ユーザーは何を使って見ているの?

どのような機器を見ながらサイトを訪れたのか、訪問ユーザーの使用デバイスを確認できます。基本的には、デスクトップやノートパソコンですが、最近ではスマホやタブレットも多いので、左サイド「ユーザー」>「モバイル」>「サマリー」でチェックしてみましょう。

ユーザー属性:デバイス

左サイド「ユーザー」>「モバイル」>「サマリー」

当サイトのモバイルユーザーはまだ全体の半分以下ですが、中には同等以上のサイトもあるので今後、スマートフォン対策をご検討中の方は、まず、ご自身のアクセス状況を確認しましょう。その下にある「デバイス」画面では、端末メーカーごとに見ることもできますよ。

ホームページ制作を検討中の方へ、成果を上げる高品質なサイト作り
当ウェブデザイン事務所では、新規リニューアル問わず、お客様一人一人に最適なサイト制作を心がけています。

クリック