自分で更新できる!ホームページ制作の魅力とメリットとは?

ホームページ制作・作成

ワードプレスロゴ

当ホームページ制作では、最新情報やお客様の声など、公開後も運営者自らが更新できるよう、CMS機能を導入して構築していますが、具体的にどんな機能なのか、少し分かりにくいため、今回は「自分で更新できるホームページ制作」の魅力とメリットについて紹介します。

自分で更新するホームページ制作とは

一般的にホームページの内容を更新するには、HTMLやCSSなど、専門知識が必要になりますがあらかじめ、更新頻度の高いコンテンツに関して、CMS機能を導入して制作することによってインターネット上の管理画面から、お客様ご自身で内容を更新できるようになります。

イメージとしてはアメブロなど、ブログサービスに近く、これらツールを使いこなせる方なら、すぐに対応できますので、「毎回、制作業者に頼むのは、費用がかかって大変…」という方は、自分で更新できるホームページを制作し、可能な限り、余計なコストは省きましょう。

CMSには、WordPress(ワードプレス)とMovableType(ムーバブルタイプ)がありますが、無料で簡単に導入できる点から、当ホームページ制作では、WordPressを採用しております。MovableTypeを個人でなく、商用利用するには、別途、ライセンス料がかかるため。

自分で更新!ホームページ制作の魅力

更新システムを導入するメリットとしては、サイト内にブログ機能を構築できる点があります。現在、ご覧いただいている当ブログも、WordPressをカスタマイズして制作しておりますが、
ブログ機能を導入することで、ビジネスブログとしても活用できるようになります。

もちろん、アメブロやエキブロなど、各サービスを利用する手法もありますが、自社サイト内にブログを構築すれば、お店や企業の活動状況など、運営者自ら定期的に情報を発信できますし、見込み客となる訪問者と、コミュニケーションを図れる点も、魅力の一つでしょう。

そもそも、CMSはブログ構築のために作られたツールです。そのため、検索エンジン対策にも有効とされており、ホームページを制作する際、あらかじめ、SEO対策をしっかり考慮しながらサイト全体を構築すれば、比較的、上位表示も狙いやすくなると考えられています。

自分で更新!ホームページ制作の成果

特にロングテール対策には、自分で更新できるCMS機能は欠かせません。下記のアクセス図はとあるお客様のサイトですが、ロングテール対策を意識しながら、ブログ記事を更新した結果、ホームページ制作後から日を追うごとに、今も少しずつアクセス数が伸びています。

セッション数の推移

ロングテール対策で成果を上げるには、記事のボリュームや質はもちろん、キーワード選びや、メタタグの設定など、注意すべきポイントはありますが、少なくとも、CMS機能を導入して、自分で更新できるホームページ制作でなければ、このような結果は難しいでしょう。

ホームページ制作を検討中の方へ、個人や企業にサイトが必要な理由
今やホームページを作るのが当たり前となった時代、個人や企業が持つメリットとデメリットを紹介します。

クリック