飲食店ホームページの必要性と制作時に意識すべきこと

ホームページ制作・作成

パクチーつくねの肉巻

居酒屋やレストラン・カフェやバー・喫茶店など、今や飲食店業界は厳しさを増すばかりです。実際、小規模な飲食店を経営されている個人事業主の方は、ネット集客の必要性を意識しつつ、大型チェーン店に対抗しようと、さまざまな広告媒体を活用されていると思います。

チラシやフリーペーパーはもちろん、ぐるなび・食べログ等、グルメサイト(口コミサイト)やホームページなど、いずれも、来店数の向上と売り上げアップが主な目的です。そこで今回は、飲食店ホームページを制作する必要性や、意識すべきポイントなどをご紹介します。

飲食店ホームページ制作に必要なこと

特に飲食店に限った話ではありませんが、居酒屋やレストラン、カフェやバー、喫茶店などの、飲食店ホームページを効果的に制作する際は、「なんか美味しそう」「一度、行ってみたい」と思ってもらえるような、お客様を引き付け、呼び込むデザイン力が重要になります。

具体的にはヘッダーエリア。「ホームページの訪問客は、3秒で読むか判断する」とのとおり、ひと目瞬間、お客様の心をしっかりつかまなければ、他の飲食店サイトに移動してしまいます。掲載画像の質や見せ方はもちろん、キャッチコピーの内容も十分に考慮しましょう。

その他、同業他社にないお店独自の強みや、来店顧客に合ったイメージ戦略も欠かせませんし、クーポン販促に頼らず、顧客単価を上げたいなら、飲食店オーナーの人柄やこだわりを紹介し、より優良な客層に来店してもらえるよう、信頼感を与えるホームページが必要です。

リピーター対策が安定的な経営に重要

居酒屋やレストラン・カフェやバー・喫茶店など、飲食店ホームページを運営されている方は、ツイッターやフェイスブックなど、SNSも同時に活用されていると思います。ブログ以外にも、これらお客様と交流を図れるツールは有効なので、ぜひ積極的に利用しましょう。

本日のランチセットやイベント情報など、お知らせする内容は飲食店店舗により異なりますが、今やSNSはリピーター確保に欠かせません。「このお店に行ってみたい」と思ってもらうよう、飲食店ホームページを制作する際は、この二つを連携させておくことも大切です。

業界問わず、新規顧客を獲得するコストは、リピーターの約3倍から5倍とも言われています。より多くの方に来店していただくのも必要ですが、日頃からお客様と交流できる仕組みを整え、お店のファンになってもらうよう、ホームページをユーザーの窓口にしましょう。

飲食店ホームページ制作のメリットは

飲食店を探す際、ぐるなびや食べログなど、口コミサイトを利用される方もいるかと思います。事実、飲食店サイトの多くが、これらグルメサイトを活用して、新規獲得を目指していますが、いくら広告費をかけたからといって、必ずしも集客効果が上がるとは限りません。

今や口コミサイトも同業者間で競争が激しくなっています。ユーザーがサイト内で検索した際、ご自身の飲食店サイトがページ上位に表示される保証はありませんし、上位表示されなければ、当然、アクセス数や来店数なども伸びず、宣伝費ばかりがかさむことになります。

また、グルメサイトを利用する方は、ほぼかなりの確率で、ホームページもチェックされます。「このお店の雰囲気はどんな感じなのか」「どんなこだわりやコンセプトで運営しているのか」自由に宣伝できる点も、飲食店ホームページを制作するメリットの一つでしょう。

他店と安易な価格競争を避けるために

以上、飲食店オーナー様向けに、飲食店ホームページの必要性やポイントなどを紹介しました。正直、意識すべき内容は他にもありますが、いずれにせよ、他店との価格競争に巻き込まれず、安定した経営を実現するためには、ホームページの充実が基本になると思います。

「チェーン店とは比較されたくない」「一人あたりの顧客単価をもっと上げたい」という方は、ぜひ今回のポイントを意識してみてください。まずはあなたのお店の魅力を正しく伝えること。飲食店ホームページ制作に大切なことは、これら内容を伝えるプロの技術力です。

オーナー経営者の中には、ホームページを持つことに少なからず懐疑的な方も多いと思います。他の業界とは異なり、ユーザーが飲食店を探す際、ぐるなびや食べログを頻繁に利用しますし、
改めて作る必要性や具体的な効果があるのか、あまり分からないかもしれません。

飲食店ホームページを制作する必要性

ご存じのとおり、ホームページとはあくまでも、インターネット上における集客ツールの一つ。
チラシやフリーペーパーの紙媒体、ブログやソーシャルメディアなど、各種方法はありますし、
新規顧客やリピーターが確保できれば、ホームページの必要性などないでしょう。

個人的には、独自ドメインを持つホームページほど、効果的なものはないと自覚していますが、
開業したばかりや事業規模などの関係で、初期費用にそう大きなコストをかけられない場合は、
とりあえず、月数千円の作成サービスを利用するのも、選択肢の一つと思います。

ホームページ制作を検討中の方へ、個人や企業にサイトが必要な理由
今やホームページを作るのが当たり前となった時代、個人や企業が持つメリットとデメリットを紹介します。

クリック