自営業ホームページを作成する際の主なポイントと注意点

ホームページ制作・作成

上を見つめるオス猫

ホームページは24時間働くビジネスマン、こんなフレーズが当たり前になった感もありますが集客やアクセスアップに特別な広告予算をかけられない、個人経営の小さな整体院や美容室など自営業者の方が求めているものは、24時間働く「優秀な」ビジネスマンでしょう。

でも実際には、ホームページを業者に依頼するにせよ、友人知人に頼んで作成してもらうにせよその成果には差があるのが現実です。「あそこのお店はホームページで集客できているのに…」今回は自営業者の方がホームページを作成する際の、主な注意点を挙げてみます。

制作業者にすべて丸投げしていませんか

餅は餅屋に聞くのが一番ということわざが昔からあるように、ホームページ制作を依頼するにはその道のプロに頼むのが最も効果的です。特に自営業者の方がホームページを作ろうとすると、お客様目線を忘れてしまい、結果として売上につながらないものになりがちです。

「ホームページの作成はプロに任せて、自分たち自営業者はブログの更新や運営に力を入れる」とはいっても、打合わせの段階からすべてをホームページ制作業者に丸投げするのは危険です。あなたの商品やサービスを一番良く知っているのは誰か、それはあなた自身です。

ホームページとはネット上におけるもう一つの店舗であり、自営業者の方の顔ともいえる存在。だからこそ、「誰に何をどのように伝えたら届くのか」、売り手側と作り手側が一緒になって、時間をかけて作り上げていく体制が、ホームページの成果には必要だと思います。

ホームページ制作はプロに任せても、伝えるべき内容は自分でも考えることが大切!

作成後の費用対効果は意識していますか

誰もが簡単にホームページを作成できる時代だからこそ、具体的な成果を出し続けていくには、同業他社との違いを打ち出す必要があります。「なぜ、このお店で買わなければならないのか」見込み客となるお客様に、満足してもらえるようなホームページが欠かせません。

そのためには当然、手間も時間もかかりますし、予算や費用もかかります。名刺代わりとしてのカタログホームページならまだしも、自営業者の方が営利目的で今後も本格的に運営するなら、格安パックやテンプレート制作など、低価格サービスには十分に注意しましょう。

安い制作費には必ず理由があります。いっときの費用を重視して品質を落とすことのないよう、自営業者の方がホームページ制作を依頼する際は、いくらなら自分のビジネスにプラスアルファの価値を生み出してくれるか、「費用対効果」という視点を持つことが大切です。

ホームページとは単なる消費財ではなく、あなたのビジネスに価値を生み出す資産!

月額費用などの料金を払っていませんか

月額費用ごとのリース契約など、初期費用を抑え長期契約を拘束する業者には注意が必要です。「初期費用0円でホームページを作成します!」と言えば、魅力的に聞こえるかもしれませんが初めだけ負担が少ないだけで、年間に換算すると、毎月の維持費が高くつきます。

本来、ホームページの維持費は、レンタルサーバー代とドメイン代だけで済むものです。それを「最初からホームページに何十万もかけられない…」といった視点で自営業者の方が考えると、結果的に毎月のコストに追われ、集客に必要な広告予算を捻出できなくなります。

とりあえずホームページを作成したい方や、リニューアルすることを前提にするならともかく、価格が安いからという理由だけで、安易にホームページ制作業者を決めてしまうと、最終的に、「売れないホームページ」になりやすいので、自営業者の方は注意してください。

目先の値段に惑わされず、何のためにホームページを作成するのか、目標を決める!

自営業ホームページ作成で目立つ失敗例

以上、自営業者の方がホームページを作成する際の主な注意点を挙げてみましたが、これまでの当サービスの経験上、あなたのホームページが優秀なビジネスマンに育たない大きな理由として「自作や友人知人に依頼する」「格安制作業者に依頼する」の二つが目立ちます。

このような失敗を繰り返さないよう、自営業者の方が今後ホームページを新しく作成する際は、コストパフォーマンスを十分に見極めた上で、慎重にご検討することを改めてオススメします。成果が出ないという理由で短期間に作り直すほど、無駄な投資はありませんから。

ホームページ制作を検討中の方へ、個人や企業にサイトが必要な理由
今やホームページを作るのが当たり前となった時代、個人や企業が持つメリットとデメリットを紹介します。

クリック