こんなブログは二度と読まれない!代表的な二つの事例

ブログ運営・サイト活用

白クマ

「最近、アフィリエイト目的や稼ぎ系が目立つようになって、アメブロがつまらなくなった」、そんな声をよく耳にします。個人的には、昔と比べてそう大した違いは実感しておりませんが、確かに、この手の方々から読者登録の申請は増えてるかもしれません。

「つまらない」というこの言葉自体、その意味や解釈は人それぞれなので、ここでは当管理人が常日頃感じている「つまらないブログ」、「もう二度と訪問しないであろうブログ」引いては、「集客効果が限りなくうすいブログ」について、少々説明してみます。

知り合いばかりを紹介しているブログ

アメブロ自体、一種のコミュニティサイトですから、仲間内で盛り上がるのは理解できますが、関係ない人間にとっては、「だから何?」状態。せめて、リンク先に飛びたくなるような内容が伴えば別ですが、多くの紹介記事は興味を引くこともなく「?」で終わっています。

そもそも「人様に紹介するのは何のためか」これはフェイスの「いいね!」ボタンを引き合いに出せば分かりやすいと思います。「自分が読んで面白いと思ったから…」「役立つ内容だっため周りの人にも読んでほしいから…」こういう目的のような気がします。

もちろん、これは当管理人の考えにしかすぎませんが、少なくとも「知り合いだから紹介する」というのは、「一般の多くのブログ読者を軽視している」以外の何物でもないように思います。
※紹介すること自体、悪いわけではありません。説得力が必要なのです。

「自分」ばかりを主張しているブログ

コレも、ほんとに多いです。正直、読んでて疲れます。しかも、書き手である本人に、その自覚がないため、より一層たちが悪い。趣味目的で行う分には、特に差支えはないと思うのですが、集客目的でビジネスブログを運営するなら、十分にご注意ください。

「主張」と「訴求」は異なります。訪問読者にアピールすることは確かに大切ですが、読み手のメリット(記事の説得力)が感じられない場合、それは、ただの自己主張にしかすぎません。「分かってはいるけど、具体的にどうしたらいいの?」そう思われた方、

・記事公開後、実際に読む読者のことを考えて、読み直し作業は行っていますか?
・記事公開後、その内容が本当に自分が言いたかったことか、確認していますか?

ひとつの記事を書き上げるのに、どれぐらいの時間をかけているか、これは人それぞれ。ただ、文章というものは基本的に、推敲を重ねれば重ねていくほど、自然と良くなっていくものです。自分には文章力がないと言い訳する前に、まずは相手のことを考えてみましょう。

ホームページ制作を検討中の方へ、成果を上げる高品質なサイト作り
当ウェブデザイン事務所では、新規リニューアル問わず、お客様一人一人に最適なサイト制作を心がけています。

クリック