自分が書いたブログ記事、あなたは読み直していますか?

ブログ運営・サイト活用

植物と仲間

自分が書いた昔のブログ記事って見直してますか?当管理人の場合、やっぱり少し恥ずかしいという思いがあるせいか、基本的に読み直すことはあまりしないのですが、それでも、過去記事を整理したり修正したりするときなど、たまに目に触れる機会はあります。

そんな時は大抵「お、いいこと書いてるじゃん」と自画自賛に耽ったり、「また、偉そうなこと書いて」と一人空しく、突っ込みを入れたりしていますが、特に最近は、お客様とのやり取りで気づいた点を中心に書いているので、ノウハウ系ネタが多いと思います。

日々のブログ運営で意識したいこと

「特定の読者のために書く」と言えば確かに聞こえは良いのかもしれませんが、ややもすると、上から目線になってしまいがちです。特に、当サイトのようなブログ集客運営ネタを扱う場合、書き手が十分意識しないと、その傾向は顕著になりやすいと言えます。

「何を書いたらいいかわからない」という質問に対し、「自分の知っていることを書きなさい」とはよくある回答ですが、これはある意味、上記のようなケースを想定しているでしょう。自分の知らないことを書いても、説得力ある内容にはなりませんから。

当ブログでも過去に「サロン系の集客ネタ」を書きましたが、当管理人は今までサロン経営など一度もしたことがありません。そんな人間がどうして「読者に役立つ集客方法」を書けるのか、もちろん、それには自分なりの経験則を踏まえているつもりですが、現実にサロン集客で確かな実績を残している方に比べたら、説得力に欠ける部分もあるかと思います。

自分の記事を読み直していますか?

とまぁ、ここまで読むとなんだか、今まで自分が書いた記事を否定しているような気もしますがノウハウ系ネタを書くメリットもあります。例えば、過去記事「サロン集客をブログで目指していく上で必要な4つのポイント」で以下のような質問を投げかけています。

・登録読者数はどれぐらい?
・日記ブログになっていませんか?
・読者とコミュニケーションを取っていますか?
・アメブロだけで満足していませんか?

これらに対する回答は当然、サロン経営者の方を想定して書いたものですが、後から読み直してみると、結構、今の自分にも当てはまる点があります。つまり、特定の方に向けて書いた内容が書き手のブログの現状を見つめ直すきっかけになるということ。

・最近、読者登録数が減ってきたな…
・ちょっと雑記ネタが目立ってきたな…
・そう言えば、最近、コメント返しが遅れてる…
・フェイスブックページなんて、作っただけで放置状態…

また、自分が教えているつもりでも、案外、そこから教わる一面もあるということ。この事実を頭に入れておけば、自分が書いた過去記事を読み直すことも、そう悪いことではなく、むしろ、新しい気付きを教えてくれるいい機会なのかなと思いました。

ホームページ制作を検討中の方へ、個人や企業にサイトが必要な理由
今やホームページを作るのが当たり前となった時代、個人や企業が持つメリットとデメリットを紹介します。

クリック