これからアメブロで本格的に集客しようと考えている方へ

ブログ運営・サイト活用

プチトマト

アメブロというツールの特徴はいろいろあると思いますが、個人的に優れていると感じるのが、パソコン関係など、特別なPCスキルがなくても、比較的簡単に更新できる「手軽さ」にあると思っています。※そのために考え出されたのがブログですから。

とはいっても、ブログサービスを提供している会社は他にも数多くあります。その中でもなぜ、アメブロなのか、それはいいねボタンや読者登録を活用した、コミニュケーション機能が優れているためだと思います。※最近は少なくなっているような気もしますが…。

すべては自分からの「情報発信」に始まる

分かりやすい例が、サロンや個人店舗など運営地域が限定されている職種。対象とすべき客層が固定される結果、自ずと意識すべき読者層や、記事を書く内容も明確になります。読者登録一つとってみても、誰に申請すべきか、迷うことは少なくなると思います。

・運営店舗が埼玉県にあるのに、北海道の読者に申請しても、あまり意味はない。
・美容に関心ある女性客が対象なのに、男性読者に申請しても、あまり意味はない。

また、アメブロはSEO的にも比較的有効で「ある程度の運営実績」を積み重ねていけば、ヤフーやグーグルなどの検索サイトに上位表示させることも可能です。「アメブロは集客しやすい…」この手の内容を時おり見かけるのも、概ね上記の点が主な理由でしょう。

ただ、そのためにはやらなければならないことは存在します。「ある程度の運営実績」と書いたとおり、最低限の登録読者の数や(アメブロを始めたばかりの時期は特に必要)、日々の定期的な記事の更新など、いずれも集客できている方は行っていることです。

アメブロ運営が難しい人は独自ドメインで

他にもポイントはありますが、共通して言えるのは、自らアクションを起こさないことには何も始まらないということ。確かに日々の忙しい中、記事を書くことは大変です。ただ他に何の施策も打たない以上、これらは「営業努力」と言い換えられると思います。

逆に上記内容が難しいという方はいっそのこと、アメブロ運営に固執せず、ホームページなどの独自ドメインで、SEO効果を意識した方がいいのかもしれません。アメブロにしろホームページにしろ、ネットからの集客には検索サイトからの訪問数は必須です。

もちろん、理想は「アメブロ×ホームページ」のような、両者の違いを意識した上で相乗効果を狙うのが一番ですが、少なくとも、アメブロ運営時のような「更新地獄」からは逃れられます。アメブロというと、どうしても「無料」というイメージが強いのですが、

結局は、自分自身の時間を使うことになります。「記事を書かなきゃ、集客できない」とまでは言いませんが、少なくとも、アメブロ運営の基本であることは間違いなく、この努力の積み重ねを楽しみながらできるようになれば、結果はついてくると思います。

ホームページ制作を検討中の方へ、成果を上げる高品質なサイト作り
当ウェブデザイン事務所では、新規リニューアル問わず、お客様一人一人に最適なサイト制作を心がけています。

クリック