ニッチキーワードの探し方!時間をかけずに記事を書く方法

サイト改善・集客アップ

ノートに書き込み

多少なりともSEO対策に興味のある方でしたら、ロングテールやニッチキーワードなどの言葉を聞いたことあると思います。実際に、ワードプレスのブログシステムを使って、検索の上位表示を目指し、定期的なブログ記事の更新に励んでいるクライアント様もいらっしゃいます。

ただ、アクセスアップにつながるようなビックキーワードでの上位表示は、それだけ競合となる相手も多く、難易度もかなり高い。記事を書く時間もそうなかなか取れないし、では、もう少し勝ち目がありそうな、ニッチキーワードを探してロングテールを狙おうという話になります。

ニッチキーワードの探し方で迷わないために

以前、「ニッチキーワードで売上が5倍増!SEO対策は隙間を狙え!」でも少し説明しましたがニッチキーワードとは、検索数自体は低いものの、ライバルも少ないため、キーワードの探し方さえ間違わなければ、比較的、ブログ記事に時間をかけなくても、上位表示が期待できます。

もちろん、単に検索上位されても、そのニッチキーワードが訪問客にとって、意味があるものでなければ効果はありません。具体的には、需要がないキーワードを複合ワードとして採用しても売上などの結果には結びつきませんから、ニッチキーワードの探し方がより重要となります。

より正確な検索数を把握するには、グーグルのキーワードアドバイスツールがオススメですが、慣れないうちは、こちらの無料ツールでもいいと思います。操作画面もとてもシンプルですし、ヤフーとグーグルの関連語をチェックできるので、複合ワードを探すのにとても便利です。

ニッチキーワードの探し方で注意したいこと

ちょっと具体例を挙げると、例えばクライアント様のケースで、サプリメントなどの健康食品を扱っているサイトがあります。ブログ記事のテーマとしては、「にんにく卵黄」「黒にんにく」などですが、これらは超がつくほどの競合率ですから、当然、ニッチキーワードにしぼります。

上記、キーワードアドバイスツールで検索数をリサーチした結果、複合ワードの候補対象としてどうやら、効果効能などの症状名が狙い目のようです。ここでは仮に「糖尿病」としましょう。そうすると、ブログ記事の内容的には、「にんにく卵黄 糖尿病」が思い浮かびますよね。

これらのワードで、ライバルに負けないほど、質の良い記事が書ければ言うことはありません。ただ、質を保持するには作成にかける時間が必要です。このような上位表示が難しい場合には、ニッチキーワードの中から、よりニッチなキーワードへと、難易度を下げてみましょう。

ニッチキーワードの探し方で意識したいこと

上記、専用ツールを使って糖尿病の関連語をチェックします。一覧表示の中からブログテーマに合いそうな、「これなら自分でも書けるかもしれない」といったようなキーワードを選びます。今回はそうですね……「にんにく卵黄 糖尿病 予防」が分かりやすいかもしれません。

次に、これらのワードで実際に検索画面を調べ、ライバルがどのような記事を書いているのか、内容をチェックします。上位表示を目指すなら、これらコンテンツより質を上げることが当面の目標になりますが、ここはあまり難しく考えず、良い記事を書くことに集中しましょう。

複合ワードを二つから三つに下げた分、難易度は下がりました。もちろん、より需要が見込めるキーワードを最初から狙えれば良いのですが、検索数が多ければ、必ずしも結果に結びつくとも限らないので、まずは比較的、取り組みやすいニッチキーワード対策をオススメします。

「ちりも積もれば山となる」ではありませんが、ブログ運営とはある意味、いかに読者にとって役に立つ記事を定期的に更新していけるか、一見、とても地道に見える作業が最も効果的です。ロングテールを狙うでも、ご自身で無理のない運営体制を模索していきましょう。

ホームページ制作を検討中の方へ、個人や企業にサイトが必要な理由
今やホームページを作るのが当たり前となった時代、個人や企業が持つメリットとデメリットを紹介します。

クリック