ニッチキーワードで売上が5倍増!SEO対策は隙間を狙え!

サイト改善・集客アップ

タワーから顔を出す猫

当方がホームページ制作を行う際、基本的に完成後のSEO効果を考慮し、ワードプレスを使ったサイトを構築します。その際ヤフーやグーグルなど、検索順位の上位を目指して、これまで成果を出しているのですが、ワードプレスのメリットはこれだけではありません。

例えば、アクセス数を増やすには、見込み客が最も多く検索するであろうキーワードを選定し、検索ページの上位(およそ3番目以内)に表示されればいいのですが、実際、対象にできるのは1ページにつき、2個程度までとなります。※キーワードの詰め込みは逆効果

また、競合他社との兼ね合いから、トップページ以外(商品説明などの下層ページ)で、順位を確保するのは難しいとされています。そのため、サイト内に専用のブログシステムを採用して、比較的、競合率の低い「ニッチキーワード」での上位表示を狙う施策が大切になります。

ニッチキーワードで掘り出しものを狙う効果

つまり、誰もが検索で使用する需要が大きいビックワードは、それだけ競合となる相手も多く、順位表示のハードルも高い。そのため、検索数自体はあまり高くないけれど、ある程度の需要が見込める、隙間を狙ったニッチキーワード対策が有効になるということ。

そして、この対策を行う上で欠かせないのが、ブログシステムを採用できるワードプレスです。もちろん、アメブロやジンドゥーなど、独自ドメインを持たない他のメディアでも、ある程度の対応はできますが、どうせならワードプレスを使用した方がより効果的です。

具体的には、個別記事ページでのメタタグ設定。メタタグには、ページタイトルやキーワード、説明文などが含まれ、これらを自由に設定できない上記メディアと比べ、ワードプレスは専用のプラグインを導入すれば、ページごとにメタタグの内容を変えることができます。

シーズン需要にマッチしたニッチキーワード

では、具体例を見てみましょう。あるお客様で「大寒の卵」という販促商品をお持ちになられ、毎年1月の「大寒の日(一年で最も寒い日)」に合わせ、季節商品のさらなる販売促進をご検討されていました。※具体的な商品内容については、こちらをクリックしてください。

とは言っても、この方とはすでに長いお付き合い(有料のサポート契約)のため、実際はこちらから「(ニッチキーワードを意識して)こういう記事を書いてみたらいかがですか?」などと、ご提案させていただき、実際の細かいページ修正も行ってみました。※これが重要!

サイトタイトル:早くも注文殺到!金運・健康運を呼ぶ「大寒の卵」
主要キーワード:大寒の卵

やはり、シーズン需要とマッチしていたのでしょう。ニッチキーワードを意識して、ページ全体を手直した結果、検索順位は、ヤフー/グーグルとも「2位」に表示され、最終的な売り上げも約5倍増(前年比)という成果になり、お客様にも大変喜んでいただきました。
※電話注文なども含めると、実際にはそれ以上だったそうです。

ニッチキーワードを意識する上で大切なこと

ただ、ニッチキーワードを狙う際に気をつけることがあります。それは、単に上位表示させても対象となるページがユーザーの希望に合わなければ、商品購入までは結びつかないということ。専門用語で言えば、LPO(ランディングページ最適化)の考え方でしょうか。

SEO対策に対して誤解されている方もいると思いますが、上位表示は基本的にアクセス数の増減に有効であって、ユーザーをご自身のサイトに誘導した後、訪問客が実際に具体的なアクションを起こすまでには、「これなら買ってみたい!」と思わせる説得力が必要です。

上記を例に挙げるなら、このページだけで訪問客が購入を即決することはありません。自社商品の紹介ページや生産者の紹介など、ある程度、サイト内を見回ってから、購入判断を行います。以前にもお伝えした「訪問前」と「訪問後」、この二つを意識することが大切なんですね。

簡単にまとめると、ニッチキーワード対策とは、トップページ以外に訪問客の入口を増やす手段に有効ですが、そこから先(訪問後)、見込み客が実際に購入の決め手とするのは、他ページの充実度や、サイト全体の使いやすさも忘れてはならないということです。

ホームページ制作を検討中の方へ、成果を上げる高品質なサイト作り
当ウェブデザイン事務所では、新規リニューアル問わず、お客様一人一人に最適なサイト制作を心がけています。

クリック