ホームページ集客!集客力のあるホームページの作り方とは?

ホームページ制作・作成

パソコンのある書斎

自分で作るにせよ、作成業者に依頼するにせよ、ホームページを作る目的は人それぞれですが、せっかく手間暇かけて作ったウェブサイトも、集客力がなければ、具体的な効果もありません。そこで今回は、集客力のあるホームページの作り方として、主なポイントを紹介します。

ホームページで集客できるようにするには?

予算も少ない中小企業が、ホームページに資料請求や問合わせなど、確かな成果を求めるなら、
見込み客となるユーザーの立場を想定し、最低限、以下の二つを意識して作ることがコツです。これはどちらか一つで済むものではなく、両方合わせてこそ、効果も上がるというもの。

・SEO対策もしっかり施された、上位検索されるサイト
・見た目のデザインがキレイで、使い勝手も良いサイト

なぜなら、検索エンジンに上位表示されても、商品やサービスの説明がしっかりしてなければ、訪問者はすぐに離脱してしまいますし、いくらホームページの見た目を美しく整えたとしても、肝心の見込み客が集まってくれないことには、アピールすることさえ出来ないためです。

集客力のあるホームページのポイントとは?

集客力のあるホームページの作り方として、意識すべきことは、対象者となる「訪問者の流れ」アピールすべきユーザーは、どこからやってきて、どのようにホームページ内を巡回するのか、見込み客の導線を想定した上で、基本的な対策を立てながら、集客力を図っていきます。

・訪問前の対策・・・キーワード対策や被リンク数など
・訪問後の対策・・・レイアウト設計やページデザイン

あえて分けるなら、上記、二つの対策が集客効果のポイント。これは冒頭でも説明したとおり、
どちらか一つの対策が取れれば、集客できるといった簡単なことではありません。あくまでも、訪問前と訪問後、両方の対策がしっかり施されていることが、集客力には欠かせません。

ホームページでの集客効果を上げるために!

SEOだけを意識したテキスト中心でもなく、画像中心でユーザーの使いづらいサイトでもない、
「訴求力のあるホームページ」。そのためには、より多くの見込み客をウェブサイトに集めて、商品やサービスの魅力が伝わる効果的なページ作りが、成果を上げるためには必要です。

これは、リアルの世界にも通じることですが、ネット上で知らない人からモノを買ってもらい、お金をいただくことは簡単ではありません。だからこそ、ユーザーの流れを意識した作り方が、ホームページでの集客力(資料請求や問合わせ)には、ポイントになるのだと思います。

特に昨今、同業者間の競争もますます激しくなり、ネット集客の難易度も上がってきています。
いわゆる、SEO業者が行うようなテクニックは通用せず、中身のコンテンツが大事になるので、まずはしっかりとしたホームページを作り、定期的に更新して強化させていきましょう。

ホームページ制作を検討中の方へ、個人や企業にサイトが必要な理由
今やホームページを作るのが当たり前となった時代、個人や企業が持つメリットとデメリットを紹介します。

クリック