失敗から学ぶことがある。ありのままにすべてを書くということ

雑記・お知らせ・その他

パイプ椅子と机

当ブログでは、包み隠さずありのままのことを正直に書く、というスタンスで運営していますので、今回の案件についても、正直に書いてみたいと思います。

実は先日、とあるお客様からカスタマイズサービスのお申込みをいただき、数回のヒアリング後ラフデザインの提出までさせていただいたのですが、残念ながら、お客様のご事情により、案件自体がキャンセルとなってしまいました。

比較的、普段のお仕事が忙しい方で、十分な意思疎通を図ることができないまま、制作を進めてしまったことが主な原因だと、個人的には解釈していますが、お客様ご自身の説明によると、「ネットで自分の考えを伝えるのが苦手のため、知り合いの方にお願いしたい」とのこと。

失敗から学ぶことがある

結果的には大変残念なもので、ご提出したラフデザインの出来栄え自体、かなり満足のいくものだったので、制作中止のご連絡をいただいた時はさすがに落ち込みました。いつもは楽観的で、気持ちの切り替えも上手い方だと自覚している当管理人も、ここ数日はさすがにへこみ気味。

頭に浮かぶことと言ったら「もっと、ああすれば良かった」「もしかして、別の進め方があったのでは?」と反省の弁ばかり。つまりはご縁がなかったと、自分を慰めてみても、お客様の期待に応えられなかったのは、動かしようのない事実。

このお仕事をさせてもらって改めて感じるのは、デザイナーとしての工程よりも、いかにクライアントの希望を汲み取るかといった、ディレクション作業の難しさ。具体的には、メールを中心としたヒアリングなどのやり取りでしょうか?

いつでも気軽に連絡を取れる点で、メールにはメールの良さがあると思います。でも、文面では難しい細かいニュアンスを伝いたい場合、電話やリアルな対面には適いません。今回のお客様のような場合は、他の手法の導入も検討する必要があるのかなと思いました。

無駄なことなんて何もない

ビジネス目的でブログ運営する場合、こういった失敗例を書くのってどうなんですかね?お店の信用不安とかにつながるんですかね?個人的には、特に気にしていませんが、ネットの世界ではどこもかしこも、良いことづくめの成功事例しか見かけません。

そんな記事を見かけるたび、不安や焦りを感じることもありますが、「隣の庭は青く見える」と割り切ってやり過ごしています。今回の趣旨とはあまり関係ありませんが、気分が落ち込んだ時ありのままに自分の気持ちをすべてブログに書くのも、良い気分転換になりますよ。

ホームページ制作を検討中の方へ、個人や企業にサイトが必要な理由
今やホームページを作るのが当たり前となった時代、個人や企業が持つメリットとデメリットを紹介します。

クリック