自分で調べるということ、その手間と時間が後の糧になる

雑記・お知らせ・その他

道に咲く花

今の仕事について良かったと感じること、それは自分で調べる癖がついたこと。そう自分では思っていて、Webデザイナーという職業柄、必要に迫られ、調べ物などが出てきた場合、まずはグーグルの検索サイトを利用した方が、解決への道のりが断然、手早いんですよね。

自らが持つ困りごとは大抵、他の方も遭遇していますから、ちょっと調べれば多くの回答は掲載されています。上記のような癖が自然と身についていったと思うのですが、どうなんでしょう?方法的には「身近な周りの人に訊く」というのも当然ありますよね、職場などの場合だと。

いや、職場に限らず、ネットの世界でも同じかな。実際、当サイト宛てにもご質問くださる方がいますし、コメント欄など使って書き込んでくださる方もいます。確かに人に聞いた方が早い。ただ、時々思うのですが、たまには自分で調べるということも大切じゃないかなと。

まずは自分で検索する!

「わからないことがあったら、すぐに辞書を引きなさい!」うちの父親が言っていた言葉です。小さな頃は「めんどくさっ」とスルーしていましたが、今ではその意味の重さが実感できます。「自分で調べるということ、その手間と時間が後の自分の糧になる」要はこういうことですが、

経験上、人から教えられたことって、ほとんど覚えてないんですよね。それよりあれやこれや、試行錯誤した結果、苦労して得た知識や経験の方が、後の作業に役立っていることが多い。そこまで大げさに捉えなくも、能動的にアクションを起こすメリットは確かにあると思います。

ちなみに、すぐ周りの方々に尋ねるという行動を起こされる方は、性格上、どちらかと言えば、物事を素直に捉える傾向があり、身近な人間に対する依存心が強いそうです。なんかの心理学の本で読みました。あまり関係ないですけど……。

ホームページ制作を検討中の方へ、個人や企業にサイトが必要な理由
今やホームページを作るのが当たり前となった時代、個人や企業が持つメリットとデメリットを紹介します。

クリック