美容室SEO対策~美容室ホームページで上位表示する方法~

サイト改善・集客アップ

恋愛の価値観

美容室ホームページの集客方法として、検索サイトに上位表示させるSEO対策がありますが、
ホットペッパービューティーや楽天ビューティーなど、口コミポータルサイトが目立つため、
トップページに掲載する情報量の重要性など、美容室向けSEO対策の基本を紹介します。

美容室ホームページ向けSEO対策の基本

すでにご存じの方も多いと思いますが、ローカルエリアを顧客対象とする小さな美容室の場合、アピールすべき美容室の見込み客は当然ながら、実店舗がある地域にお住まいの方となります。そのため、地域名+美容室という検索キーワードで、より上位に表示させることが大切。

具体的には、美容室ホームページのトップページで検索サイト1ページ以内に表示させること。2ページ目以降になると、クリック率は1%以下となり、アクセス数など期待できませんので、主要キーワードで表示されるよう、トップページの内容をしっかり最適化させましょう。

市区町村を含め、キーワードの組み合わせとしては、下記のようなパターンも挙げられますが、「地域名+美容室+メンズ」「地域名+ヘアサロン+安い」「地域名+美容室+カラー」など。まずは、地域名+業種名で上位表示するよう、SEO対策を意識することが欠かせません。

上位表示を独占する各種ポータルサイト

では、美容室ホームページを作成する際、SEO対策をしっかり意識しないとどうなるでしょう。投稿日現在「代官山+美容室」「代官山+ヘアサロン」で検索した一覧結果が下記となります。1ページ目の半分をポータルサイト系が独占し、美容室ホームページは埋もれています。

ポータルサイトの表示位置

「さいたま市+美容室」の場合でしたら、検索結果1位~9位まで占めるという異常な光景で、ホットペッパービューティーや楽天ビューティーは、ほぼ多くの地域で上位表示されています。ここ最近、ポータルサイトはSEO対策にも力を入れていますが、少しやり過ぎでしょう。

美容室SEO対策で上位表示に必要なこと

このような状況下では、美容室ホームページに直接、訪れる見込み客もなかなか増えませんし、ネット集客というもの自体、ポータルサイトがメインとなり、掲載料を支払うことになります。いったいなんのために検索サイトがあるのか、もう少し、数を絞ってほしいものですね。

ホットペッパービューティーや楽天ビューティーなど、口コミサイトがSEO対策に強い理由は、サイト全体のページコンテンツ数が多く、地域エリアごとの情報量が豊富なためと思いますが、美容室ホームページに関しても、SEO対策として上位表示に必要なものは変わりません。

実際、上位に表示されているホームページは、サイト店舗数の多いチェーン店が目立ちますし、定期的にブログ記事を更新することで、ページ自体の数を増やし、集客につなげていますので、どのような方法で見込み客を獲得するか、事前にサイト運営方針を固めておきましょう。

トップページに掲載する情報量は多めに

少人数で経営する美容室は、ホームページ制作の際に、トップページの情報量を多くすること。美容室やヘアサロンという職種柄、どうしても見た目のデザインにこだわる傾向がありますが、SEO対策として検索サイトで上位表示させるには、最低限のテキスト量は欠かせません。

同じように競争が激しい整体院や接骨院と比較すると、トップページの情報量が少なすぎます。このようなホームページでは、口コミ系ポータルサイトより上位に表示することは難しいため、
見込み客に実店舗の魅力が伝わるよう、写真と文章をバランスよく組み合わせましょう。

具体的には、主要キーワード(地域名+美容室)を意識しながら、各コンテンツを作成したり、複合キーワード(人気/隠れ家/髪質改善)を狙う際、店舗の強みや特徴として紹介するなど。
美容室ホームページを制作する場合は、情報量も含め、内部リンクを増やすことが大切。

カット/シャンプー/トリートメント/パーマ/カラーリング/ヘッドスパ
クセ毛/縮毛矯正/ストレートヘア/ヘアスタイル/口コミ/評判/おしゃれ

定期的なブログ更新でロングテールSEO

美容室ホームページの集客方法として、ブログなど、ソーシャルメディアの活用もありますが、SEO対策で検索サイト上位表示を狙う際、ブログ記事によるロングテールSEOがオススメです。外部ブログでも構いませんが、なるべく、ホームページ内ブログの方が良いと思います。

「プロが教えるクセ毛の出る理由とおすすめシャンプー」など、検索キーワードを意識しつつ、ブログ記事を更新すれば、アクセス数も期待できますし、サイト全体の強化にもつながります。見込み客に役立つネタを基本に、店舗の魅力やスタッフの人柄もしっかり伝えましょう。

個人的な経験で言えば、キーワード選定やサイト構造を軸に、ホームページを作り込んだ上で、定期的なブログ運営を続けていけば、検索サイト1ページ以内は十分、狙えると考えています。各種ポータルサイトに依存し過ぎないよう、SEO対策を考慮したサイト制作が基本です。

ホームページ制作を検討中の方へ、成果を上げる高品質なサイト作り
当ウェブデザイン事務所では、新規リニューアル問わず、お客様一人一人に最適なサイト制作を心がけています。

クリック