ネットショップ開業前後に個人や初心者が意識すべきこと

ネット通販・モール出店

自宅でパソコン

ネットショップを開業する目的はそれぞれですが、多くの業界や業種がすでに飽和状態な中、
余程の商品力やニッチ商材でもない限り、参入組がネット販売を成功させるのは難しいもの。
個人や初心者がネットショップを開業する際、意識すべき注意点についてご紹介します。

ショップ成功のカギは絞り込みと専門化

商材の仕入れ準備が整った後、ネットショップ開業時に意識すべきことは、絞り込みと専門化。ショップ名も含めたコンセプト等になりますが、見に来てくれた方すべてに売ろうと欲張らず、
たった数人の見込み客にとって、興味を引くようなネットショップ作りが欠かせません。

個人で自作したシャツをネット販売する場合も、大人から子供までターゲットにするのでなく、
あえて、体の大きいユーザーを購入対象に設定し、特大サイズを多く揃えた専門店にするなど、
絞り込みと専門化を意識したネットショップにより、同業店舗と差別化を図りましょう。

勢い盛んに開業したネットショップも、わずか数年で失敗する原因の多くは集客力にあります。ターゲットやコンセプトが明確なショップは、検索エンジン対策も意識して作成しやすいため、トップページや商品ページで上位表示できるよう、絞り込み作業には時間をかけること。

実際に開業する前は同業店舗をチェック

実際にネットショップを開設する前は、同じ商材を取り扱っている店舗をチェックしましょう。
マーケティング用語としては、市場・競合調査になりますが、難しく考える必要はありません。具体的にライバル店はどのような感じなのか、対象キーワード等で検索してみましょう。

販売価格や商品構成はもちろん、ネットショップ上で買い物したり、メルマガに登録するなど、ユーザー目線で利用することにより、改めて売れるショップ作りに必要なものが見えてきます。
特に競合ライバル店は、今後の超えるべき指標となりますので、定期的に確認すること。

初めての方でも安心して購入できるよう、電話番号や連絡先は分かりやすく明示されているか、売り手や作り手の想いが伝わるよう、店長やスタッフの写真などは積極的に掲載されているか、ネットショップ初心者や個人にとって、参考にできるポイントはかなり多いと思います。

ネットショップを作成する方法とやり方

モール出店やカート機能など、開業時にネットショップを作成する方法はいろいろありますが、
ネットショップ専門サービスなら、カラーミーショップやショップサーブ・メイクショップで、
自作サイトにカート機能のみを追加する際は、ショップメーカー辺りが一般的でしょう。

どの方法を選択するにせよ、コストや機能面も含め、メリット・デメリットは当然ありますし、
ネットショップ開業後も本格的に運営する際は、メルマガやポイント機能など必要になるため、個人的には、比較的、料金が手頃なカラーミーショップが初心者にオススメと思います。

いずれにしろ、ネット上で販売する場合、レンタルサーバー代や独自ドメインは欠かせません。
見に来てくれた方にいかに商品の魅力を伝えるか、訪問後のページ作りも大切になりますので、 ご予算や目的に応じた各種サービスを比較の上、無理のない作成方法をご検討ください。

訪問後の見込み客を逃さないページ作り

魅力的なページ作りに必須なものと言えば、商品の特徴を紹介する文章と画像が挙げられます。プロの制作業者に依頼するにせよ、格安サービスを使って自作するにせよ、ともに重要ですし、素材のクオリティーは開業後の売上げに影響するため、準備に手間と費用をかけること。

仕上がりの美しい写真は言葉で説明するよりも、ダイレクトに見る人の心を一瞬で捉えますし、パッケージ写真に加え、実際に商品を使用している様子を撮影した画像や動画を掲載するなど、購入後のイメージを訴求することで、意欲をかきたて、行動を起こしやすくしましょう。

文章で商品の概要など紹介する原稿に関しても、分かりやすく親しみやすい表現を心がけたり、どのような想いでネットショップを立ち上げ、他の商品とはどんな違いやメリットがあるのか、ストーリー構成のページ内容を用意するなど、信頼感や接客力を上げることも大切です。

ショップ開業後の売上確保は時間が必要

ネットショップの集客方法には、広告やブログ、メルマガやソーシャルメディアがありますが、リスティング広告など、コストを抑えたい場合、SEO対策(検索エンジン対策)が基本のため、
検索サイトに上位表示されるよう、キーワードを意識したサイト作りを意識しましょう。

開業資金や立ち上げ費用に余裕があれば、SEO対策に強い制作業者に依頼しても構いませんし、
ブログを活用した定期的な情報更新に努め、新規を対象としたアクセス数の確保を目指したり、
いかに多くの見込み客を集め、リピーターに転換できるかが、成功へのカギになります。

ネットショップを開設した後、具体的な成果が上がるまでには、それなりに時間がかかるもの。
個人的な経験で言えば、売上発生から利益向上まで、約3ヵ月程度は必要と捉えていますので、開業当初はチラシなど紙媒体で、付き合いのある方に告知しておいても良いと思います。

リピーター対策は丁寧な心配りと気配り

ショップ開業後の業務内容としては、顧客対応や発送業務、入金管理や在庫管理になりますが、お客様とやり取りする返信作業は、既存客の信用を高め、リピーター対策につながりますので、発送時に手書きの文章をひと言添えるなど、丁寧かつきめ細かい対応を心がけましょう。

月に数回、お得還元セールを企画したり、読者に役立つ情報を掲載したメルマガを発行したり、売り手や作り手の想いが伝わるような内容や、商品へのこだわりをブログとして更新するなど、はじめて訪れる方はもちろん、既存客とコミュニケーションを図ることも欠かせません。

一般的に人は、繁盛してそうな人気(ひとけ)と人気(にんき)のあるショップに集まります。
店長やスタッフの写真しかり、購入後のお客様の声しかり、すべては賑やかさを演出するため。
ただ単に売ろうとするのでなく、双方向の流れを作ることもショップ運営には大切です。

手軽にネットショップを開業したい方へ

以上、ネットショップを開業する際、意識すべき内容や一連の流れを簡単にご紹介しましたが、実店舗の場合、物件取得費から内外装費、設備費など合わせ、少なくても数百万円かかります。月額数千円で誰でも簡単に開設できるのは、ネットショップの持つ一番の魅力でしょう。

もちろん、開業までの敷居やハードルが下がった分、同じ商材を扱う競合店舗は増えましたが、百聞は一見に如かずという言葉のとおり、ネット販売を目的とした運営を検討されている方は、
どのような機能やサービスがあるのか、利用事例など、確かめることをオススメします。

ホームページ制作を検討中の方へ、成果を上げる高品質なサイト作り
当ウェブデザイン事務所では、新規リニューアル問わず、お客様一人一人に最適なサイト制作を心がけています。

クリック