ホームページを自作するメリットと自分で作るデメリット

ホームページ制作・作成

秋の公園で遊ぶ子ども

ホームページを作成する目的はそれぞれですが、その制作方法もさまざまな種類があります。
特に昨今は専門的スキルがなくても、自分で簡単に作れるサービスも多くなっていますので、
あえて、ホームページを自作するメリットやデメリットについて、簡単にご紹介します。

メリット1:無駄なコストや費用がかからない!

ホームページを自分で作るメリットとしては、やはり、費用やコストの部分が大きいでしょう。作成するページ数や追加したい機能等にもよりますが、プロの制作業者に改めて依頼する際は、それなりの料金というものはかかりますし、費用コストを避けて通ることはできません。

そういう意味で言えば、月数万円という格安業者にせよ、月数千円という作成サービスにせよ、一般的な制作会社に依頼するより、全体的な予算は比較的、抑えて制作することができますし、ホームページビルダーなどのソフトを利用すれば、無料で作れる点がメリットでしょう。

また、モバイルファーストという通り、今の時代、スマートフォンサイト対策は欠かせません。パソコン用サイトに加え、スマトサイトも対応したいとなると、必然的に予算も高くなるため、起業直後や小規模事業の場合、まずは、自分で作るというのも選択肢の一つと思います。

メリット2:いつでも自分で修正や更新できる!

ネット集客など、具体的な成果を求める際、ホームページ公開後の運用も大切なポイントです。ご存じの通り、ホームページを活用するとなると、定期的な修正や更新作業は欠かせませんし、いつまでたっても内容が変わらない状態では、せっかくの見込み客も逃してしまいます。

その点、ホームぺージを自作した経験があれば、文章の修正などは自分でできると思いますし、特別なスキルや知識がなくても、作成サービスなら、ブログの感覚で更新作業ができますので、
毎回、制作業者に依頼する手間が省け、無駄な費用がかからない点もメリットでしょう。

この辺はある意味、ホームページで扱う商材や業種、サイト更新の頻度にもよると思いますが、別途、専用の担当者が置けないような事業規模で、更新作業の費用やコストなど抑えたければ、
サイト公開後の運用管理も考慮し、自分で作成することも考え方の一つかもしれません。

メリット3:ホームページ作成の知識が増える!

低価格で利用できる格安サービスにせよ、ホームページビルダーなど専用の作成ソフトにせよ、
経験がない状態でも手探りで自作しようとすると、多少なりとも知識やスキルは身につくもの。マニュアル片手に苦労した分、初心者の方でも全体の流れなどは理解しやすいでしょう。

実際、当管理人のクライアント様の中にも、過去、自作した方が割といらっしゃったのですが、
レンタルサーバーや独自ドメインなど含め、サイト公開に必要な基礎知識はお持ちでしたので、
お互いの意思疎通も十分に図りつつ、比較的、スムーズに作業を運ぶことができました。

もちろん、デザイン以外に、ホームページの構築に必要なスキル(HTMLやCSS)ともなると、
やはり、それなりの学習は必要かもしれませんが、昨今は格安サービスも多くありますので、
実際に手を動かしつつ経験できるという点も、自分で作成するメリットかもしれません。

デメリット1:サイト完成まで手間暇がかかる…

ホームページを自作するデメリットとしては、やはり、完成まで割と時間がかかるということ。作成ソフトでも、最低限のスキルと知識はもちろん、すべて自分で作成する必要がありますし、作成サービスでも、ページ構成に必要な文章と画像など、用意する手間は必須でしょう。

この辺はある意味、ご自身で試してもらえれば、体感としてご理解いただけるかと思いますが、ホームページというものは、公開まで割と労力を要しますし、制作する作業も負担になります。無駄なコストや費用を抑えられる反面、手間と時間というデメリットは避けられません。

餅は餅屋に頼むという言葉のごとく、プロの制作会社に依頼するのも選択肢の一つでしょうし、日常業務が忙しく、ホームページビルダーなど、改めて習得する時間が確保できないようなら、JimdoやGoopeなど、ブログ感覚で簡単に更新できる、作成サービスも良いと思います。

デメリット2:具体的な成果を上げるのが大変…

制作会社に依頼した場合と、自作ホームページの一番の違いは、出来上がりの違いにあります。
見た目のデザインなど、自分で作成する場合はどうしても、素人感という印象は拭えませんし、文章や画像自体、プロの視点でチェックされていないため、必然的に品質は下がります。

また、作成サービスを活用する場合も、基本的に利用できるテンプレートの数は限られるため、改めてカスタマイズしない限り、ホームページ上の印象はどれも似たり寄ったりになりますし、同業他社と差別化を図るなど、オリジナリティを演出することは自ずと難しくなります。

特に、ビジネス目的で具体的な成果を求める際、SEO対策など、アクセス数は欠かせませんし、経験の少ない初心者がネット集客で効果を上げるには、かなりの時間とコストを要しますので、ホームページで取り扱う商材や業種によっては、試行錯誤を避けられないかと思います。

ホームページ制作を検討中の方へ、個人や企業にサイトが必要な理由
今やホームページを作るのが当たり前となった時代、個人や企業が持つメリットとデメリットを紹介します。

クリック