楽天スマホサイトをカスタマイズする際の注意点やポイント

ネット通販・モール出店

モバイルバッテリーチャージ

トップページや商品ページを含め、楽天市場に出店中のネットショップをカスタマイズする際、管理画面(RMS)やサーバースペース(GOLD)を活用し、スマホサイトなど作成しますが、
使用可能なタグが制限付きなど、注意点も多いため、備忘録としてまとめておきます。

スマホ用商品ページは既存テンプレート

楽天サイトを作成する際、テンプレートを利用し、楽天RMS(管理画面)で構築する手法と、
無料サーバー(楽天GOLD)を活用して、オリジナルデザインで作成する二通りありますが、
スマホサイトの場合、商品ページの多くは、既存テンプレート方式が一般的でしょう。

この辺は、実際に出店中の楽天サイトをご覧いただければ、お分かりいただけると思いますが、各種デバイスに関わらず、オリジナルデザインにこだわるのは、おそらくトップページ程度で、予算やコストの点などを考慮すれば、この構築手段の方が現実的な選択だと思います。

実際問題、すべて独自仕様の内容にこだわると、ページアドレスも変更する必要がありますし、既存フォーマット(通常の構成など)に慣れたユーザーに、違和感を与えるリスクもあるため、商品ページに関しては、素直に既存テンプレートを活用するのが良いかもしれません。

RMS作成時(PC) ……  http://www.rakuten.co.jp/店舗URL/
GOLD作成時(PC)…… http://www.rakuten.ne.jp/gold/店舗URL/

楽天サイトで利用できるタグは制限あり

商品画像など、基本的にスマホサイトは、パソコン用に設定した内容を元に自動作成されます。そのため、スマートフォン向けとして、独自に商品ページを最適化してカスタマイズする際は、
商品ページ設定「スマートフォン用商品説明文」に、掲載したい内容を追加させます。

しかし、冒頭にもご紹介したとおり、利用できるタグの種類や全体の文字数には制限があって、
一般的なショップサイトのように、自由自在にデザインをカスタマイズすることはできません。
そのため、ページ内容の基本的な構成としては、画像とテキストを中心に作成します。

この辺はある意味、パソコン用サイトと同じですが、楽天の場合はいろいろな制限があるため、
いわゆる、縦に長い画像ページ(ランディングページに近い)が中心で、スマホ用に関しても、
パソコン向けに掲載中の各種画像を、縮小表示する手法(縦に並べる)が一般的です。

※スマートフォン用入力項目で利用可能な専用タグ
<a><img><table><th><tr><td><br><p><font><b><center><hr>

専用ファイルや容量圧縮でスマホ最適化

もちろん、サイト作成の際に多少の微修正は必要ですし、できる限り、見栄えは整えたいもの。
デザイン自体の自由度は高くないけれど、外部ファイルを読み込む手法も紹介されているので、楽天GOLDに専用のCSSファイルを用意し、多少、カスタマイズすることは可能です。

注意点としては「スマートフォン用商品説明文」で利用できる画像タグに回数制限があること。
前述のとおり、楽天スマホ向け商品ページを作成する際は、関連画像を中心に配置しますので、
規約で定められている10個に収まるよう、画像サイズの容量にも気をつけましょう。

特に、楽天サイトは各種デバイスを問わず、ページ全体の容量サイズが大きくなりがちのため、
表示されるまで時間も割とかかりますので、せっかく訪れたユーザーの直帰率を上げないよう、
サイト完成後は専用の圧縮ツールで画像を圧縮し、軽量化することも欠かせません。

参考サイト「楽天スマホをオリジナルにカスタマイズする裏技」

モバイルファーストの時代に必要なこと

いずれにせよ、モバイルファーストの全盛期時代、スマホ所有者は飽和状態に近い状態ですし、
実際、スマホユーザーの約6割以上が過去にネットショップを利用し、購入した経験がある上、
スマホ経由の購入率も、売上全体の4割以上を占めているというデータもあります。

ファッション系商品アイテムなど、取り扱う商材によってはこの数字はさらに高いでしょうし、楽天サイトのみならず、スマートフォン対応はある意味、PCサイト以上に重要になりますので商品ページをカスタマイズする際は、より内容の見せ方が大切になるかと思います。

予算に余裕のある大手に比べれば、スマホサイトに力を入れている店舗はそう多くありません。楽天ショップの中には、商品画像とテキスト(簡易的な商品説明)のページも目立ちますので、
今後、実績を伸ばしたい新規参入組にとって、スマホ対応は必須と言えるでしょう。

ホームページ制作を検討中の方へ、成果を上げる高品質なサイト作り
当ウェブデザイン事務所では、新規リニューアル問わず、お客様一人一人に最適なサイト制作を心がけています。

クリック