アメブロSEO対策に欠かせない記事タイトルの付け方とは?

ブログ運営・サイト活用

トイプードル

ビジネスブログなど、集客を目的でアメブロを活用するなら、記事タイトルの内容は重要です。
一般的に、アメブロの場合、チェックリスト(管理画面)経由の訪問者が多いと思うので、
SEO対策(上位表示等)を意識した、アメブロ記事タイトルの付け方をご紹介します。

アメブロの記事にタイトルを付ける目的

例えば、お店系ブログで「お客様の声」の記事などをアップする際、安易なタイトルにするより
実際にいただいた内容から、適切な一文を抜き出して、記事タイトルにした方が魅力的ですし、
何より、チェックリストを閲覧した、他のアメブロ読者の目に留まりやすくなります。

もちろん、あなたのアメブロ記事が読まれるかどうかの判断は、タイトルだけとは限りません。
ただ、せっかく書いた内容を、チェックリストの中に埋没させないためにも、ひと工夫が大切。
事実、リンク先のアメブロ記事を実際に読んでみると、それぞれ本当に個性的なもの。

代表的なものと言えば、新年の元旦時期によく見かける記事タイトル「あけましておめでとう」
今年一年の目標や計画など、どれもみな、オリジナル性にあふれた魅力的な内容ばかりでした。
それに比べ、付けられた記事タイトルのなんて非個性的なこと。このギャップって…。

・記事タイトル「お客様の声をいただきました!」
・記事タイトル「お客様の声:他の人を気にしなくていいので、安心できました」

記事タイトルは先につける?後にする?

改めて「記事タイトルの付け方」と語り出すと、少し難しく感じる方もいるかもしれませんが、
下記のように、少し変えるだけで、運営者の個性が表現されて、差別化を図ることができます。
少なくとも、同一性は免れますし、管理画面からの訪問増も見込めるかもしれません。

普段のタイトルに関しても、「これで本当にいいのか?」「もっと魅力的なタイトルは?」などぜひ、見直しすることをオススメします。最初から良い記事タイトルを書く必要はありません。
大切なのは、意識を変えること。意識が変われば、自ずと行動も変わってきますので。

特に、アメブロユーザーの場合、ブックマークやRSS、検索エンジン経由などの訪問を除けば、
多くの方はまず、チェックリストから訪れてきますから、長い記事タイトルは禁物。なぜなら、
管理画面では「19文字」しか表示されないので、頭出しの文章がより大切になります。

・記事タイトル「あけましておめでとう」
・記事タイトル「今年も健康で楽しい毎日の一年でありますように…」

キーワードを意識した記事タイトルとは

また、検索エンジンと言えば、SEO対策を意識し、キーワードを含ませることも欠かせません。アメブロに限らず、上位表示させるには、とても大切な要素ですから、意識して入れましょう。
もちろん、SEO対策を意識するあまり、読者をないがしろにしては意味がありません。

例えば、記事タイトルをより目立たせるため、先頭に「●」や「◆」など文字記号を入れたり、すべてのアメブロ記事タイトルに対し、自身の店舗名(地域名などを含む)を追加させるなど、
SEO対策以前として、このようなタイトルは魅力に乏しいため、避けるべきでしょう。

基本的に、アメブロのページタイトルは、下記のように、フォーマット形式が決まっています。
そのため、必然的にSEO対策では標準とされている、「28~30文字以内」より長くなる上に、
各種メタタグ(keywords/description)も、個別に自由設定することができません。

・固定式「記事タイトル|ブログタイトル」
・具体例「冬になると坐骨神経痛が多くなる|腰痛・坐骨神経痛は〇〇整骨院」

アメブロ記事がSEO対策に向かない理由

つまり、アメブロでSEO対策を意識し、上位表示を目指す際は、コンテンツの中身はもちろん、記事タイトルの付け方と合わせ、アメブロタイトルのネーミングもより大切になると思います。主な理由として、タイトルと関連性の薄い記事は、上位表示の難易度も高くなるため。

また、検索エンジンは1つのキーワードに対して、3つ以上、同じドメインを表示させません。
アメブロの場合、独自ドメインを持つホームページとは異なり、サブディレクトリ形式なので、
書き手が複合するようなアメブロ記事ほど、上位表示させるハードルも高くなります。

具体例として「仙台+整骨院+アメブロ」で検索すると、アメブロプロフィールページを除き、検索サイトでは2つしか表示されません。アメブロ内で検索すると、30個以上存在するのに…これを「ドメイン制限」と呼び、楽天サイトなど、サブディレクトリ形式は同じです。

・独自ドメイン形式  http://〇○〇〇.jp
・ディレクトリ形式  http://ameblo.jp/〇○〇○  …… アメブロ/楽天など
・サブドメイン形式  http://〇○○〇.fc2.com     …… FC2/SeeSaaブログ 

アメーバブログのメリットとデメリット

個人的には、上位表示を目的としたブログ運営なら、独自ドメイン系ブログがおすすめですが、アメブロでも、SEO対策を意識したいという方は、ブログタイトルと関連のある内容にしたり、よりニッチな複合キーワードにして、上位表示の難易度を下げることが大切でしょう。

また、SEO対策を特に気にしない場合なら、いっそのこと、アメブロ内経由の訪問者を意識し、読者登録を申請して積極的に読者数を増やしたり、定期的な更新に励んでも良いかと思います。いずれにせよ、アメブロのみならず、コンテンツが最も大切なのは変わりませんので。

ホームページ制作を検討中の方へ、成果を上げる高品質なサイト作り
当ウェブデザイン事務所では、新規リニューアル問わず、お客様一人一人に最適なサイト制作を心がけています。

クリック