ホームページ作成後の運用代行・サイト改善サポートとは

当サイトからのお知らせ

勉強部屋

埼玉県越谷市を拠点に活動している、WEBデザイン制作事務所*Copyself(コピーセルフ)は、ホームページ作成後も具体的な成果が上がるよう、運用代行・改善サポートも承っていますが
どのような対策でサイト集客を図っているのか、サービス内容についてご紹介します。

選べるプランをご用意「更新代行サービス」

「ウェブサイト内のテキストや画像を修正したい」「サイドエリアに画像バナーを設置したい」
ホームページもある程度、運用し続けていると、少なからず、修正したい箇所が出てくるもの。
言わずもがな、ウェブサイトはネット上の営業ツール、定期的な更新は欠かせません。

と言っても、「自社スタッフで更新する余裕はない」「今あるデザインに合わせて修正したい」
このようなサイト運営者を対象にして、各プランを提供しているのが、更新代行サービスです。
プラン内容としては、「スポット更新」や「定期更新プラン(月額制)」などですね。

特に、ネットショップなど、複数サイトを運用する方にとって、更新作業は必要不可欠なもの。
商品登録や画像加工はもちろん、販促時期に合わせたキャンペーン用バナーの作成・設置まで、
ホームページ制作のプロが面倒な作業を代行することにより、コスト削減を図ります。

継続的な売り上げ確保「運用代行サービス」

ホームページとはネット上の一軒家。成果を上げるためには、継続的なサイト運用も大切です。事業規模の大小に関わらず、リアル店舗が定期的に商品の棚卸をしたり、並び替えするように、
サイト運用においても、定期的な分析検証・保守管理・サイト改善策は欠かせません。

ご存じのとおり、ネット集客はさらに厳しさを増しており、いつ状況が変わるとも言えません。「リニューアル後、売り上げがなかなか伸びない」「原因がどこにあるのか、よく分からない」このようなサイト運営者を対象にご提供しているのが、運用代行サービスになります。

保守管理・メンテナンス

当運用サービスの場合、レンタルサーバーやドメインは、お客様ご自身にご契約いただくので、
更新システム(ワードプレス)の保守点検や、主要キーワードの順位チェックが主な作業内容。定期的に検索順位を把握することによって、突発的な変化にも、素早く対応できます。

また、上位表示にはコンテンツの質と同じく、ホームページ自体の表示速度も重視されるため、
ご希望の方には、SEO内部対策として、ページスピードインサイト※のスコア改善に努めます。
※ページコンテンツの読み込み速度を測定し、改善策を提案するグーグルのサービス

ホームページ公開後の保守管理・サイトメンテナンスについて

ロングテール対策(SEO)

ブログコンテンツを活用した集客方法として、昨今、ロングテール対策が有名になりましたが、実際にサイト運営者が行うとしても、具体的な成果が出るまでには、手間と時間がかかるもの。SEO対策の一環として、検索サイト経由のアクセス数を増やしたい方にオススメです。

当運用代行サービスでは、キーワード選定から記事タイトルの付け方、各種メタタグ内容まで、
いわゆる、被リンク購入型の外部対策ではなく、あくまでも、コンテンツ重視型の対策として、
ブログ記事を強化することにより、サイト全体の集客力向上をサポートしております。

ロングテールSEOの効果で新規客2倍!そのメリットとは?

リスティング広告(SEM)

ネット集客にかける運用コストは、できる限り、低い費用に抑えられた方が良いと思いますが、競争が激しい業種によっては、SEO対策だけでは、成果が上がらないのも事実。とは言っても、「広告費を支払っても、成果が出ない」「出稿単価を抑えて、費用対効果を上げたい」

このような方を対象に、ヤフー/グーグル向けに、リスティング広告の出稿・運用を行います。キーワード広告はもちろん、コンテンツ連動型など、配信手段や上限予算も自由に選べますし、予算の少ないサイト運営者の方は、相談の上、成果報酬型に対応することも可能です。

リスティング広告とSEO対策との違い、メリットデメリット

運用代行・サイト改善サポートを検討中の方へ

その他、特定ページの検索順位を上げるため、コンテンツ強化型のSEO対策も承っていますが、いずれにせよ、運用代行サポートをご依頼いただく際は、事前にヒアリングで現状分析を行い、既存サイトのどこに問題点があるのか調査した上で、具体的な改善策をご提案します。

その点、当運用代行サポートには、ある種、ウェブコンサルティング業務も含まれていますが、SEO対策にせよ、リスティング広告にせよ、見込み客が最終的に判断するのは、ウェブサイト。
いかに、訴求力の高いホームページを作成できるかが、成約率を上げる鍵になります。

一般的に、この手のコンサルは、ある程度の知識と経験さえあれば、どの業者でもできますが、
修正事項を含めた改修対応となると、コンサル業者の多くは自ら、代行することが少ないもの。クライアントご自身で実施するか、別途、ウェブ制作会社に委託する必要があります。

ホームページ制作からサイト改善までサポート

サイト改善のために修正したいと思っても、毎回、制作業者に依頼しては費用がかかりますし、本当の意味で確かな成果を上げるには、「仮説/検証/分析」を繰り返すことが欠かせません。※もしくは、PDCAサイクル(Plan:計画/Do:実行/Check:評価/Act:改善)

特に、リスティング予算を抑えるには、LPO対策(ランディングページ最適化)が必要なため、出稿する広告文や配信方法の結果に合わせて、定期的に内容を見直していく必要がありますし、
より訴求力のあるページコンテンツに改善し、成約率を高めることが大切になります。

ホームページは公開後が本当の始まりです。安易な価格競争や無駄な広告費を抑えるためにも、費用対効果の高いサイト作成はもちろんのこと、公開後の運用代行・サイト改善サポートまで、
トータル対応できるのが、当ウェブデザイン事務所の一番の特徴と自負しております。

ホームページ制作を検討中の方へ、個人や企業にサイトが必要な理由
今やホームページを作るのが当たり前となった時代、個人や企業が持つメリットとデメリットを紹介します。

クリック