ホームページ制作に必要な原稿の重要性と作り方のコツとは

ホームページ制作・作成

教室の光

ホームページ制作に必要なものと言えば、実際にページに掲載する原稿素材と写真画像ですが、写真画像の重要性を認識している方は多くいても、原稿素材は意外と見落とされがちなので
売れるホームページ制作に必要な原稿素材の重要性と、作り方のコツをご紹介します。

売れるホームページに原稿が必要な理由

自分で用意するにせよ、ライターに依頼するにせよ、ホームページ制作に原稿は欠かせません。魅力的な写真が売り上げに影響するのと同じく、どのような文章をホームページに掲載するか、
見込み客の気持ちを考慮した上で、最適な原稿を用意しておくことはとても大切です。

これはある意味、ネット集客にライティングスキル(文章力)が欠かせないという側面ですが、原稿素材の良し悪し(訴求力)によって、具体的な成果に差が現れてしまうのも事実でしょう。実際、一般の方が書いた文章と、プロのライターが書いた文章とでは、差があるもの。

「餅屋は餅屋に頼む」との言葉のとおり、ホームページの原稿作成も依頼できればいいですが、写真撮影(カメラマン)はともかく、やはり、そこまでのコスト的な余裕はないと思いますし、
とりあえず、ホームページに掲載する原稿は「自分で書く」という方が大勢でしょう。

ページ原稿を作成する際に意識すること

業種の違いこそあれ、基本的にページ原稿に求められる内容に、そう大きな違いはありません。
例えば、エステサロンの場合、サイト構成(ページコンテンツ)としては、下記が中心ですし、
「店長の想い」や「自店の強み」など、必要箇所を把握することが作り方のコツです。

初めての方へ/サロンの特徴/メニュー価格/お客様の声/アクセス/問合わせ

実際、この辺の工程は、ヒアリングや打合わせを重ねていけば、自然と明確になってきますし、リニューアル制作でしたら、旧サイトの内容を参考にできる上、アメブロや口コミサイトなど、資料さえあれば、比較的、経験の浅いような方でも、原稿自体は書けるかと思います。

問題は、チラシやカタログ・パンフレットなど、資料がなくホームページを新規制作する場合。このケースは叩き台すらありませんので、自分で作成するにせよ、制作業者に依頼するにせよ、どのような内容にすべきか、原稿の出来上がりに、割と手間がかかるかもしれません。

伝えるべき内容を伝えたい相手に伝える

当サービスの場合、基本的にクライアント自ら、ページ原稿のご提出をお願いしておりますが、ライティングスキルは人それぞれ、文章力に自信がある方もいれば、苦手という方もいますし、過去の経験上、提出原稿に手を加えず未修正のまま、即採用できることは少ないもの。

ご存じのとおり、ホームページを制作する目的は、資料請求や問合わせ等、成果を上げること。
商品画像の出来が売り上げに比例するのと同じく、原稿素材にも、ある程度の品質が必要です。
具体的には、いかに見込み客の気持ちに沿って、適切にアピールできる文章かどうか。

そのため、ブラッシュアップという形で、提出原稿の修正作業(文章校正)も行っております。これは当初、想定していたサービスというより、制作過程において自然と生まれたものですが、原稿をお願いする際は、作り方のコツや注意点なども合わせて、お伝えしております。

制作時に欠かせないライティングスキル

特にSEO対策(検索サイトの上位表示)も視野に入れる場合、キーワード対策は欠かせません。どのような対象ワードで上位表示を目指すのか、意識しつつ原稿を書くことが求められますし、一般的な文章力に加えて、専門的スキル(SEOライティング)も必要になるでしょう。

SEOライティング…ページ内容を検索エンジンが適切に評価できるようにすること

そのため、ホームページ制作に使用する提出原稿は、あくまでもご自身で書きたいという方は、
まず、各種資料を用意してもらい、同業他社を参考の上、叩き台となる原稿を書いていただき、
改めて当方で必要なブラッシュアップを行うという、制作スタイルを採用しています。

ある意味、原稿作成という文章力に関しては、ホームページ制作業者にも必須のスキルですし、
事前の「企画・構成・設計」段階から、どのようなページ内容にするか、どんな原稿が必要か、しっかりフォロー対応してくれる、制作業者を選ぶことも大切なことかもしれません。

原稿を作成する目的は、他社との差別化

なお、原稿作成というと、回答式のテンプレートやフォーマットを使用する業者もありますが、
このような穴埋め方式は、没個性/画一的な内容になりやすいため、あまりオススメしません。言わずもがな、ホームページ制作で成果を上げるには、同業他社との差別化が不可欠。

エステサロンを例に挙げるとするなら、自店舗のサービスを選ぶとどんなメリットがあるのか、
どうして、他のお店ではダメなのか、見込み客に訪問する理由をアピールすることが大切です。
まずは、あなたご自身の言葉によって、あなたの伝えたい想いを書いてみてください。

ホームページ制作を検討中の方へ、成果を上げる高品質なサイト作り
当ウェブデザイン事務所では、新規リニューアル問わず、お客様一人一人に最適なサイト制作を心がけています。

クリック