業種特化型のホームページ制作の意味とメリットについて

ホームページ制作・作成

箱から顔を出す猫

ネットやリアルに関わらず、今はより専門性が求められる時代です。「うちの会社は何でもやります!」という八方美人的なアピールをするより、「○○なら同業他社にも負けません!」的な何かしらの特徴や専門性を打ち出した方が、成果を上げやすいのも事実だと思います。

このような一点集中式の特化型サイトは、どの業界においても今後はますます欠かせないものになるでしょうし、実際、ご検討しているお客様からつい先日、相談メールをいただきましたので今回は、業種特化型ホームページを制作する意味やメリットについて、ご紹介します。

業種特化型ホームページで他社と差別化を図る

業種特化型ホームページとは、見込客の中でも、ある特定の業種やサービスにしぼったサイト。分かりやすい例で言えば、税理士や会計事務所などの士業関係ですね。通常、この手の業種は、営業エリアが限られるため、必然的に活動拠点としている各地域がメインとなります。

検索キーワードで言うところの、「地域名(市区町村)+業種名(税理士/会計事務所など)」
実際、多くの士業サイトがこのような訪問キーワードを重要視して、ホームページを制作されていますし、ある意味、成果を意識したサイト作りとしては至極まっとうとも言えます。

その一方、士業関連の見込客の中には、個人事業主や中小企業の経営者・オーナーはもちろん、美容院やサロンなど、税務関連のサービスを必要とする対象業種は、ある程度決まっています。
そのような特定の業種向けに、専門サイトを制作するのが、特化型ホームページです。

特定のターゲットを対象に専門型サイトを制作

検索キーワードで言えば、「対象業種(美容院/サロン)+士業関連(税理士/確定申告)」。上記、地域名と組み合わせた対象キーワードと比較すれば、ご理解いただけるかと思いますが、別の切り口でサイトを制作することで、また、異なる見込客を集めることができます。

ご存じのとおり、今の時代、検索サイト経由を意識したサイト作り(SEO)は欠かせませんし、業種特化型ホームページを制作する方の多くは、特定のターゲットに対象をしぼることにより、自らの特徴や専門性をよりアピールし、最終的な成果につなげたいと意識しています。

実際、「美容院+税理士」のキーワードで検索すれば、多くの業種特化型サイトがありますし、
この流れは士業関係のみならず、整体院や整骨院など、他の業種にもすでに見受けられるので、まずは、このような訴求方法もあるということを、知っておいて損はないと思います。

業種型サイトと一般的なホームページとの違い

ホームページ制作業者を新しく選ぶ際、これまでに制作した過去の制作実績を確認しますよね?これってある意味、専門性を重視して選んでいるということで、このような見込客の志向から、
制作業者の中には、ある特定の業種に特化し、専門性をアピールする会社もあります。

具体的には、「税理士専門」「整体院専門」「歯科医院向け」「動物病院」「女性向け」など。
数え上げればキリがないというほど、そのジャンルの専門性は多岐に渡っていると思いますが、
それだけプロの目から見ても、業種特化型サイトはメリットがある証拠なのでしょう。

もちろん、別サイトを新しく制作しなくても、既存サイト内に下層ページを追加させることで、特定のターゲットに訴求できますが、「ここは〇〇の専門だから、任せてみても大丈夫かも?」
トップページを含めたアピール性を考慮すれば、その効果には差があるかと思います。

ホームページ制作を検討中の方へ、個人や企業にサイトが必要な理由
今やホームページを作るのが当たり前となった時代、個人や企業が持つメリットとデメリットを紹介します。

クリック