ブログの記事作成をライターに外注依頼する際のポイント

ブログ運営・サイト活用

コワーキングスペースで仕事する女性

ウェブサイトに掲載するオリジナル記事を作成する際、外注サービスに依頼する方もいますが、「質の高い記事を作成できるライターがなかなかいない」という相談を以前に受けましたので、
今回は、ブログ記事やサイト原稿など、記事作成を依頼する際のポイントを紹介します。

ブログ記事の作成を外注サービスに依頼する

「ブログを更新したいけど、記事を作成する時間がない」「文章を自分で書くのは、少し苦手」媒体問わず、記事作成を外注サービスのライターに依頼する目的は、人それぞれと思いますが、昨今のコンテンツ重視の傾向を受け、オリジナル記事の重要性はさらに高まっています。

実際、「記事作成」等のキーワードで検索すれば、この手のサービスはいろいろとありますし、最近は、ランサーズやクラウドワークスなど、クラウドソーシング系サイトも多く存在します。数年前に比べれば、今は誰でも手頃な料金で、記事作成を依頼することが可能でしょう。

その一方、成約率が上がるような品質だったり、上位表示できるようなSEOの効果も求めると、納品記事には依頼するライターの技術やスキルによって、多少のバラツキがあるのが現状です。特にクラウドソーシング系は、まだまだ経験の少ないライターが多いので、注意が必要。

記事作成を外注依頼する際に気をつけること

この辺の記事に対するクオリティーはある意味、依頼する料金によって異なるかと思いますが、せっかくお金を出してまで依頼する記事、納得できないからと言って再修正しなくて済むよう、ブログなど記事作成を依頼する際は、ご自身の要望を正確に伝えておくことが大切です。

一般的に、この手のサービス料金は、依頼する記事の文字数(800~1200文字)によります。アフィリエイト用サイトなど、とりあえず、ページコンテンツの数を増やしたい方は別として、まずは、依頼するライターがどの程度のスキルか、お試し記事を書いてもらいましょう。

具体的な指示事項としては、どのような目的で記事を作成するか、その依頼目的や作成文字数、SEO対策に検索サイトの上位表示を目指すなら、記事内で特に意識してほしい対象キーワード、タイトルとは別に見出しも使用したい場合は、イメージに近い具体的な参考サイトなど。

具体的な要望をしっかりと伝えることが大切

ランサーズやクラウドワークスなど、自分も今までにいろいろな外注サービスを試しましたが、高い費用をかけず手頃な料金で、質の高い記事を作成してもらうのは、結構難しいと思います。特に、SEO対策として上位表示を目指す際は、それなりの知識と経験が必要になります。

実際、当管理人もプロのライターに依頼する際は、具体的な注意事項を常に明記していますし、納品後に改善の余地がある場合は、自ら追加修正を行った上で、サイト記事を公開しています。逆に依頼時の内容が曖昧だと、納品後の品質にも影響しますので、十分注意しましょう。

具体的にどんな要望を依頼時に伝えるべきか、指示内容の書き方がよく分からないという方は、ランサーズやクラウドワークス等、クラウドソーシング系サイトが参考になると思いますので、重複記事やコピペ記事など、作成時の注意事項と合わせて、チェックしてみてください。

質の高い記事には双方の信頼関係も忘れずに

外注サービスや依頼する料金によって、納品後の記事のクオリティーに差があるとは言っても、依頼されるライターもひとりの人間です。極端に単価が安い案件ではやる気も起こりませんし、スキルの違いこそあれ、自らの仕事に少なからず誇りを持っているのがプロでしょう。

「とにかく費用をかけずに、ブログ記事の作成を依頼したい」といった理由や考え方だけでは、結果的に意味のないコンテンツしか増えませんし、具体的な成果も効果も上げられませんので、依頼者と作成者の双方がともに、信頼できる関係を築いていくことも大切と思います。

なお、誤解のないように一つ追記しておくと、当ブログの記事はすべて自分が書いております。別に外注依頼しても良いのですが、費用対効果を考慮すると、最終的にこの方が効率的なので、主にクライアント案件を請け負う際に、ブログ記事やサイト原稿を依頼しております。

オンラインお仕事マッチングサイト「クラウドワークス」

ホームページ制作を検討中の方へ、個人や企業にサイトが必要な理由
今やホームページを作るのが当たり前となった時代、個人や企業が持つメリットとデメリットを紹介します。

クリック