アメブロをホームページ風にカスタマイズ作成する意味とは

ブログ運営・サイト活用

カップとメモ

当サービスでは、ホームページ制作はもちろん、アメブロカスタマイズのご依頼も受けますが、その際、「アメブロをホームページ風にカスタマイズできますか?」という相談も多いので
今回は、アメブロをホームページ代わりに作成する意味などについて、ご紹介します。

アメブロをカスタマイズするメリット

「アメブロは、独自ドメインを持つホームページと組合わせてこそ、その本当の力を発揮する」
このフレーズは今までに、何度か述べてきたことですが、アメブロの持つ魅力は何と言っても、その利用者人口の多さと、読者登録を中心としたアクセス数の集めやすさにあります。

それゆえ、ビジネスブログとして活用したい方や、既存テンプレートでは満足できない方など、HTMLとCSSの知識さえ、ある程度お持ちなら、ご自身で見た目のデザインも変えられますし、アメブロカスタマイズ業者に依頼し、いわゆる、ホームページ風にもできるでしょう。

実際、当サービスがカスタマイズする際も、より効果的なレイアウト構成を意識しているので、
ご依頼主であるお客様はもちろんのこと、カスタマイズ後のアメブロデザインを見た方からも、
「まるでホームページみたいですね…」と勘違いしている方もいらっしゃるようです。

アメブロとサイト内ブログを併用する

ただ、アメブロはあくまでも外部ブログで、独自ドメインを持つホームページとは異なります。特にアメブロ利用規約が変更された今、アメブロのみに依存した集客はオススメできませんし、この辺のデメリットをすでにご存じの方は、ホームページも合わせて活用しています。

推奨されているのが、ワードプレスなど、自分で更新できる機能を持つホームページでしょう。これは何も、アメブロをホームページ風にカスタマイズしても、意味がないということでなく、アメブロとホームページ、それぞれの特徴を把握した上で、併用していくのがベスト。

例えば、ホームページ内にブログ機能を作成して更新すれば、ロングテール効果も狙えますし、少しずつコンテンツを増やすことで、サイト全体の価値(SEO効果)を高めることもできます。その上で、アメブロの訪問客も集めたい場合は、別の切り口の記事を更新しましょう。

アメブロとホームページを使い分ける

もちろん、アメブロとは別にサイト内ブログも更新するとなると、手間も労力もかかりますが、ホームページに設置したブログは、ロングテールなど、検索上位を目的とした中身の濃い記事、
アメブロは、日頃の活動状況や人柄等を伝える内容など、使い分けることが大切です。

一般的に、見込み客をウェブサイトに集めたい場合、ヤフーやグーグルといった検索サイトに、適切な対象キーワード(商品やサービス名等の関連語)で上位表示させることが欠かせません。アメブロ記事でも対応できますが、やはり、ホームページの方が効果的だと思います。

以前、「サイト内ブログで集客できるなら、アメブロをやめたい」という相談を受けましたが、基本的なSEO対策がホームページに施されていれば、アメブロを併用する必要はありませんし、さらに、集客力を強化したければ、アメブロも合わせて利用してみても良いでしょう。

同じ内容の記事を使い回すことは危険

なお、アメブロとホームページを併用する際、一度、書いた記事を使い回すのは避けましょう。
具体的には、アメブロで書いた記事を内容そのまま、サイト内ブログにコピペするようなこと。言わずもがな、SEO対策の判断基準はいかに質が高いものか、コンテンツにあります。

また、基本的な趣旨が同じなのに、表現を多少変えた程度では、検索エンジンは評価しません。最悪の場合、ペナルティ対象となり、ホームページ全体の評価(SEO効果)も下がりますので、アメブロとホームページを併用する際は、オリジナル記事を更新することが大切です。

あと、アメブロの場合は基本的に、ヘッダー画像を除き、スマホサイトはカスタマイズできず、
アメブロ側が提供するテンプレートの中でしか、見た目のデザインなどは変更できませんので、
スマホ版もホームページ風にしたい場合は、別途、対策が必要になるかもしれません。

ホームページ制作を検討中の方へ、成果を上げる高品質なサイト作り
当ウェブデザイン事務所では、新規リニューアル問わず、お客様一人一人に最適なサイト制作を心がけています。

クリック