ホームページ制作で信頼感や信頼性を上げるために必要なこと

ホームページ制作・作成

コスモス畑と女性

業種や業界にかかわらず、どのお店や会社でもホームページを持つことが一般的になった時代、見込み客をより多く獲得するには、信頼感や信頼性を伝えることが欠かせないと言われますが、では、どんなホームページなら実際のユーザーに信頼感を持ってもらえるのでしょう?

信頼感が伝わるホームページを制作する前に

もちろん、何を根拠に「このホームページなら信頼できそう」と感じるかは受け手次第ですが、それでも少なからず、競業他社に見劣りしないよう、基準とすべき最低限の内容は存在します。
今回はそんな素人っぽい印象を与えず、商用サイトに必要な項目を簡単に紹介します。

レンタルサーバーや独自ドメインを取得する

ドメインとは、ネット上の住所アドレス、サーバーとは、サイトをネットに公開するスペース。ビッグローブやニフティなど、各プロバイダー会社が提供するサービスを利用するのではなく、
公式サイトとしての信頼感を伝えるため、サーバーとドメイン程度は取得しましょう。

・無料ドメイン http://www3.ocn.ne.jp/〇〇〇〇   …… 提供会社の名前
・独自ドメイン http://〇〇〇〇.jp                        …… 自社名や店舗名

YahooやGmail、フリーメールは使用しない

ビジネス目的で運営するなら、ヤフーやグーグルが提供するフリーメールの使用は控えること。プライベートならともかく、サイト運営者のメルアドがフリーアドレスでは信頼感に欠けます。また、相手のメールソフトによっては、フリーメールだと受信できないケースもありますので、
独自ドメインの取得と合わせて、オフィシャルアドレスを活用するようにしましょう。

・フリーメール:〇〇〇〇@gmail.com                    …… 提供会社の名前
・独自ドメイン:info@〇〇〇〇.jp                          …… 自社名や店舗名

ユーザーに信頼感を与えるために必要なこと

リアルの世界と同じく、誰しもが怪しいと感じるホームページを利用する方は、ほぼいません。上記はあくまでも、商用サイトに必要な最低限の基本項目ですが、ネットで成果を上げるには、誰が何を売っているのか、より売り手の顔を見せていくことがとても大切になります。

サイト運営者の顔写真や、連絡先を掲載する

人は見た目が9割との言葉どおり、運営者の顔写真がユーザーに与える印象はとても重要です。
中には、ホームページにご自身の顔写真を掲載することに、抵抗を持つ方もいると思いますが、「どういう人が運営しているのかな」見込み客の不安を取り除くことは欠かせません。

特に、インターネット上では、取り扱っている商品を実際に手に取って触ることができません。だからこそ、「ここのお店や会社なら安心できるかも」訪問客に信頼して利用してもらうため、まずはサイト運営者自ら、積極的に自分たちの情報を開示することが必要になります。

具体的には、お店や会社の連絡先(住所/電話番号/メールアドレスなど)はもちろんのこと、実際に利用したお客様の声(アンケート)や、日頃の活動状況(ブログ更新)などありますが、売り手側の宣伝内容に終始しないよう、第三者の声を紹介し、信頼感を伝えましょう。

商用サイトとして通じるデザインで制作する

実社会の現場と同じく、ネット上においても、第一印象が与える影響は大きいものがあります。ホームページビルダーなど、一般の方が制作したサイトでは、やはり素人感が隠しきれません。商用サイトとして信頼感や信頼性を得たい場合、最低限のデザインレベルは必要です。

いかにも素人っぽいデザインで作っても、見に来てくれた方に信頼感を持ってもらえませんし、「このサイトってちょっと胡散くさい…本当に大丈夫なの?」かえって逆効果になりますので、事前に競業他社のデザインレベルを把握した上で、プロの業者に依頼することも大切。

ネットショッピングなど、ユーザーが利用する際は、常にライバルサイトと比較検討するもの。決して、たまたま訪れたホームページだけを見て、商品やサービスを即購入する方はいません。せっかくの見込客を逃さないためにも、ある程度のデザインレベルは確保しましょう。

最も大切なことはユーザー目線のサイト運営

ホームページで信頼感や安心感を伝えるというと、何かと難しく感じる方もいると思いますが、要は、ユーザー目線のサイト運営、どのぐらい相手の立場になって考えることができるかです。なぜ、顔写真を掲載した方が良いのか、どうして、連絡先を記載した方が良いのか、いずれも、自分がサイト利用者の立場になって想像すれば、すぐに理解できることだと思います。

ホームページ制作を検討中の方へ、個人や企業にサイトが必要な理由
今やホームページを作るのが当たり前となった時代、個人や企業が持つメリットとデメリットを紹介します。

クリック