売れるランディングページを作成する際に必要な9つのこと

サイト改善・集客アップ

部屋でパソコンを使う女性

SEO対策やリスティング広告などによって、いくら見込み客のアクセス数を増やしたとしても、
リンク先のページコンテンツがしっかりしてなければ、せっかくの費用も無駄になります。
そこで今回は、売れるランディングページを作成する際に必要なポイントを紹介します。

成約率アップに!ランディングページ作成

ランディングページとは、その語源から、LPO対策(ランディングページ最適化)とも呼ばれ、資料請求や無料相談、メルマガ登録や見積もり依頼など、最終的な運営ゴールを達成するため、
見込み客が最初に訪れるページコンテンツを、成約率が高まるよう作成する手法のこと。

ランディングページの特徴としては、一枚ペラサイトのように、一般的なページより縦に長く、見込み客が訪れている間、途中で気が変わって離脱させないよう、サイドバーなどは採用せず、
ヘッダーからフッターまで、特定の商品やサービスに集中したレイアウトが代表的です。

また、ランディングページ作成の最終的な目標は、ユーザーに行動を起こさせることですから、全体を構成するコンテンツとしても、見に来てくれた方に商品やサービスの魅力が伝わるよう、実際に購入したお客様の声を掲載するなど、セールレター形式の構成が中心になります。

売れるランディングページ作成のポイント

では、売れるランディングページを作成する際、どのようなことに注意したらいいのでしょう?特にランディングページに限りませんが、普段、当管理人が意識しながら作っている点も含め、
今回は初めての方にもご理解いただけるように、主なポイントを箇条書きにしてみます。

ランディングページの特徴

何を売っているのか、サイト内容を伝える!

自分にとって価値あるサイトかどうか、ユーザーはわずか3秒で決めていると言われています。どんな商品やサービスを売っているのか、ぱっと見た瞬間に具体的な内容を伝えることが必要。
そのため、売れるランディングページには、ファーストビューの魅せ方がポイントです。

誰が売っているのか、運営者の顔を見せる!

これだけ多くのモノにあふれた時代、どこのサイトも掲載内容にそう大きな違いはありません。同業他社と差別化を図るには、「どこで買うか」ではなく「誰から買うか」という視点も必要。そのため、サイト運営者の売り手がどんな人物か、プロフィール写真を掲載しましょう。

イメージ素材より、実物の写真を掲載する!

有料無料を問わず、素材集のイメージ写真だけでは、成約率を上げることにも限界があります。
店舗内の様子や事務所の雰囲気が分かるよう、実際に撮影した写真素材を利用することも大切。ユーザーに信頼感を持ってもらうには、人気(ひとけ)の伝わるページが欠かせません。

何をしてほしいのか、アクションを伝える!

資料請求やメルマガ登録、見積もり依頼など、各業種によって最終的なゴールは異なりますが、このような成果を求めるあまり、いろいろな要素を詰め込んでしまうと成約率も上がりません。そのため、ランディングページを作成する際は、事前に最終的なゴールを決めましょう。

連絡先やボタンは、目立つ場所に掲載する!

電話番号や連絡先等は、いつでもコンタクトができるよう、分かりやすい位置に掲載すること。
また、購入ボタンなど、ユーザーにクリックしてほしい要素は、目立つものを作成しましょう。その際は「〇〇をする」と、具体的な行動を促すような文言にした方がより効果的です。

メールフォームの項目は、最低限のものに!

ランディングページ内にメールフォームを設置する時、必須項目は最低限のものにしましょう。入力しなければならない項目が多いと、ユーザーは面倒になって、途中で離脱してしまいます。思わずクリックして移動させないよう、関係のないリンクは事前に張らないことも大切。

専門用語は避け、分かりやすい文章で書く!

いくら見た目を整えたとしても、お客様に有益な情報が伝わらなければ、成果も上がりません。
ランディングページの商品やサービスを購入すると、具体的にどのようなメリットがあるのか、業界でしか通じないような専門用語は避け、分かりやすい言葉や文章で説明しましょう。

よくある表現でなく、価値が伝わる内容を!

どこにでもある表現や、ありきたりな言葉では、見込み客のハートをつかむことはできません。なぜ、他社ではなく自社の商品を購入すると効果があるか、根拠となるデータを掲載するなど、
同業他社と差別化を図るためにも、他にはない独自の価値を伝えることが欠かせません。

購入時の不安や疑問は、できる限り減らす!

どんなにメリットや価値を伝えられたとしても、初めて訪れる方は常に不安に感じているもの。「お客様の声」や「よくある質問」を掲載し、購入時に抱えている疑問点を取り除きましょう。ランディングページで取り扱う内容によっては、返金・返品保証でも良いかと思います。

ランディングページの成果には検証も大切

ランディングページの成約率を上げるポイントとしては、他にもいろいろあるかと思いますが、一般的なレイアウトとは異なり、1枚完結型のページ構成は見込み客の獲得に効果的ですので、
具体的な成果が上がらないという方は、これら内容をチェックしても良いかと思います。

また、ランディングページ作成後、リスティング広告の訪問先コンテンツとして利用する際は、どの程度のコンバージョン(成約率)を達成できたのか、アクセス解析で検証することも大切。
最適化というとおり、広告費の費用対効果を高めるためにも、定期的に改善しましょう。

なお、ページ自体の検索順位を上げたい場合は、SEO対策を意識した上で作る必要があります。
一見、情報量は多いように思われますが、コンテンツの多くが画像中心で制作されているため、
キーワードの部分はテキストにするなど、検索エンジンに適したページ作りも大切です。

ホームページ制作を検討中の方へ、成果を上げる高品質なサイト作り
当ウェブデザイン事務所では、新規リニューアル問わず、お客様一人一人に最適なサイト制作を心がけています。

クリック