ワードプレスを使うメリットデメリット無料ブログとの違い

ホームページ制作・作成

ワードプレスロゴ

当ホームページ制作では、SEO対策や更新性なども考慮して、ワードプレスを導入してますが、そもそも、WordPressという機能を使って、ホームページを作成する魅力はどこにあるのか
無料ブログとの違いも含め、ワードプレスを使うメリットやデメリットを紹介します。

メリット1:ブログ機能だから修正がラク!

WordPressを使うメリットとしては、インストール作業が簡単で、導入コストが無料なこと。
もともと、ブログ向けに作られたシステムのため、デザインのカスタマイズ性にも優れており、
専用プラグインを導入すれば、メールフォームなども簡単に設置することができます。

また、ホームページビルダーなど、「HTMLとCSS」のみで自作したホームページとは異なり、あらかじめ、テンプレートファイルを使って、サイト全体(テーマ)をカスタマイズするため、
ヘッダーエリアやサイドバーなど、各共通部分における修正作業がまとめて変更可能。

例えば、各ページ共通に掲載している、サイトタイトルやコピーライトなどを変更したい場合、
テンプレート機能がなければ、すべてのページに対し、該当箇所を修正する必要がありますが、
WordPressを使えば、ファイル1枚分の作業で済むため、無駄な手間がかかりません。

メリット2:必要なコンテンツは自ら更新!

WordPressを使うメリットとしては、新着情報やブログなど、お客様自らが更新できること。ホームページ作成後も、具体的な成果を出すためには、定期的に更新することが大切ですが、
何か情報を追加させるたび、制作業者に依頼していては、余計なコストがかかるもの。

また、無料ブログとは異なり、公式サイト上で情報発信することで、信頼感も高められますし、お客様の声や最新情報など、自分で更新したいコンテンツは、運営者自らが更新できますので、ホームページを新しく作る際は、更新機能を持つワードプレスの導入がオススメです。

例えば、実際に購入したお客様の声を、利用後のアンケートとしてサイト上で紹介したい場合、WordPressの投稿画面なら、パソコン操作に不慣れな方でも比較的、簡単に操作できますし、
無料ブログのように使いやすい管理画面のため、慣れるまでそう時間もかかりません。

メリット3:SEO対策に優れたサイト構造!

WordPressを使うメリットとしては、SEO対策を意識して、最適なサイト構成を作れること。
カスタマイズの自由度が高いため、ある程度の知識を持つ業者なら、上位表示を目指せますし、グーグルなど、検索エンジンとの相性も良く、アクセスアップの効果も期待できます。

SEO対策というと、どうしても技術的な話になりがちですが、見た目の内容はもちろんのこと、
まずは、検索エンジンが理解しやすいような、しっかりとした構造で制作することが基本です。もちろん、無料ブログもSEO対策はできますが、ワードプレスの方が効果的でしょう。

例えば、同じ内容のブログ記事を、独自ドメインのWordPressと無料ブログで公開した場合、ワードプレスで公開したブログ記事の方が、より上位に表示される可能性が高くなりますし、
SEO対策に役立つプラグインを備えている点も、WordPressのメリットだと思います。

デメリット:ワードプレスを検討中の方へ!

WordPressを使うデメリットとしては、HTMLやCSSはもちろん、専門知識が必要ということ。個人用サイトならまだしも、商用ホームページなど、中小企業がビジネス目的で利用するには、
運営者自らが更新できるように、カスタマイズできるプロの技術力が必要になります。

また、各種プラグインやアップデート作業など、定期的な保守メンテナンスも欠かせませんし、WordPressでSEO対策を考慮するなら、レンタルサーバーや独自ドメインが必要になります。
その点、広告表示さえ気にしなければ、無料ブログは基本的にコストがかかりません。

個人的には、販促費用に予算をかけられない方にとって、ワードプレスは必須だと思いますが、ホームページ制作の目的がどうであれ、見に来てくれる人がいなければ意味がありませんので、上記、紹介した内容を参考に、ご自身の運営目標に適した構築手段をご検討ください。

ホームページ制作を検討中の方へ、個人や企業にサイトが必要な理由
今やホームページを作るのが当たり前となった時代、個人や企業が持つメリットとデメリットを紹介します。

クリック